滝めぐり入門

スポンサードリンク

滝めぐりの始まり

滝めぐりに一番必要なものは、
滝への情熱です。

僕はこれを「滝マインド」と呼んでいます。

(注:滝マインドには別の使い方もあります。)

僕の場合は、大学入学前の受験勉強時代・
海外長期滞在中に、滝への枯渇感が掻き立てられました。

そこで実際に滝に行くための方法論を無心で考え
活動を始め、継続してきました。

そういうタイプの人には、
全く不要なんですが、

このページでは
ちょっと、滝マインドができたけれども、
それだけでは実際の行動に落とすまでの壁を
超えきれない時のために、
わかりやすくまとめたいと思います。

①行きたい滝リスト

まずは行きたいなと思う滝のリストを作ります。

そのリスト選びとしては、
このサイトだけでは情報量が偏るので、
他の役に立つ滝サイトや、
(リンク集参照)

滝に関する書籍を読みまくります。
(滝の本参照)

行きたい滝を選定したら
今度はそれが実際に訪れることができるのか?
を見極めていきます。

②難易度の見極め方

見極め方としては、
その滝にたどり着くまでに
道があるのか?
を見ればよいです。

僕の最近のコンテンツなどは、
過半数が「道がない滝」のため、
そういうものは除外します。

道がある滝の中でも
「長いのか?」「短いのか?」
を判断します。

スタミナに自信がある人は、
始めからがんがん「道がある」+「道は短くない」
滝に挑戦しても大丈夫です。

スタミナに不安があるひとは、
「道がある」+「道が短い」滝を選べばよいです。

③運転

車の運転ができない人は、
公共交通機関アプローチができるかもポイントです。

最寄りの電車の駅から歩いていける距離か?

歩いていけなくても、バスは出ているか?

そのあたりをチェックします。

大いに地域差もありますが、
平均すると成人男性の約4分の1は免許を持っていないか、
ペーパードライバーだそうです。
(成人女性は約2分の1)

僕も2010年に免許を取り、
2012年まで約1年9か月ペーパードライバーでしたが、
滝への情熱と、一緒に滝に行ってくれた
友人たち・後輩たちのおかげで卒業できました。

スポンサードリンク

④季節と時期

ここまで来たらあともう少しです。

本来ならこの項目も、
やってる中で失敗して学習すべきものですが
それが、「季節と時期」要素になります。

全ての滝が1年中行けるわけではありません。

ちょっと雪が多い地域になれば、
滝までの道が冬季通行止めになることもしばしばです。

また、自然災害によって、
道路・遊歩道の崩落などが生じ、
滝に行けなくなることもよくあります。

失敗することで自然と、
行く前に市役所に問い合わせるなどするようになりますが、

もっと本質的なところをいうと、
常日頃から日本全国の自然災害に
関心を持つことが大切
です。

『地震』が起きた。
『記録的豪雨』が起きた。
『台風○○号』の上陸などなど

「そしたら、自然と今○○県、
北部の滝では、道路が全部とおっているか怪しいな、
ちょっと調べてみよう」みたいになって
事前に突き止めることができます。

これは少し上級者テクニックです。

⑤仲間を探す

僕は今まで70名以上の方と滝に行ってきました。

基本的には一人での滝めぐりも好きなんですが、
仲間がいると、感動を共有できる幸せがあったり、
誘ったり(基本的には最初はこれだけ)
誘われたりで、滝に行きやすくなります

レンタカーなども割り勘できます。

⑥装備

最後になりますが、
最初に書いたように一番大切なのは、
滝への情熱なので、
「道があって、短めの滝」に関しては、
装備は何でもいいです。

撮影への意識が低い僕が言ってもあれですが、
あえて言うなら、いいカメラがあると楽しめると思います。

Nikon ミラーレス一眼カメラ Nikon1 AW1 防水ズームレンズキット

なんでもいいと言っても、
ヒールとか、仕事用の革靴はダメです。
歩きづらいというのもありますが、
そこに情熱が不足しているからです笑

滝めぐりの入門に関しては以上になります。

スポンサードリンク