滝と車

スポンサードリンク

邪道論・功罪

そもそもの話として、
滝巡りに自家用車を使うべきではない
という考え方があります
(もちろん主流ではなく)。

その理由としては、
①山の中に排気ガスを撒き散らす
②山中の車道そのものが環境破壊によってできている
→そこでの車利用は、環境破壊を暗に肯定している。

というようなことが挙げられます。

石川・岐阜間の白山白川郷ホワイトロード
(旧 スーパー林道)も1つの例です。

実際に、
マイカー規制が行われている地域もあり、

奥日光 赤沼-千手ヶ浜間
では低公害バスが運行しています。
(赤岩滝)

知床公園線(知床五湖~知床大橋区間)
も通常通行止で、7月13日~9月20日間のみ
シャトルバスで、カムイワッカ湯の滝
に行くことができます。

米子大瀑布も、
紅葉シーズンはマイカー規制が行われ、
乗鞍スカイライン・中央アルプスの
菅の台バスセンター~しのび平間は
通年規制されています。

以上を踏まえてですが、
僕自身は現実的に車を使用しています。

それはレンタカーだったり、
滝仲間の車に乗せてもらったりしています。

なんでかというと、
人生が短く、時間が圧倒的に足りないからです。

スターウォーズのヨーダみたいに、
800年も寿命があれば、
全ての滝を歩いて行ってもいいと思いますが、
極端な話明日、死ぬかもしれません。

環境破壊という罪を負ってでも、
できる限り、エコドライブをしたり、
多くの滝体験をして、それを人に還元したり、
濃密な時間を過ごしたいと思っています。

(歩き続ける滝巡りも、
運転するだけでは見えないもの見えて学びは深いです。)

(小中, 田立, 船尾, 海沢, 宿谷など...)

①運転を始めたとき

僕はペーパードライバーだったので、
運転は恐怖で、難しく、リスキーと思ってました。

しかし、公共交通機関だけで、
アイデアをひねってみても、如何に不便かに
突き当たり、奥深い滝巡りをするためには、
必要不可欠だと感じました。

当時はよく踏み込んだもんだなあと思います。

②ドライブも滝活動

僕は沢登りが主体の活動もしますが、
沢の場合は、ある意味コースの中の難所に集中し、
体力が伴っていればいい部分があります。

一方滝巡りは、アプローチの
開始地点が不明瞭だったり、
ダートの運転が多かったりと、
運転に関する部分が多くなります。

つまりドライブそのものが、
その滝にたどり着くまでの核心
だったりする
わけです。

数多くの市区町村を訪れることになるので、
自然と全国の地理感がついていきます。

山単位ではないですが、
地域、水系単位での繋がっていく感じは、
面白いものがあります。

スポンサードリンク

③江戸、車を買う(?)

車購入に向けて、
スバル, SUZUKI, ホンダ, ネッツ,
ダイハツ, 日産, マツダ, 三菱と一通り店舗を回って来ました。

まずは軽自動車で見ていきたいと思います。

                                   
滝巡りの車 比較表 ~軽自動車編~
価格は車両本体価格。
メーカー 車種 グレード デザイン
(個人的)
最低地上高 / 最小回転半径 室内寸法
長さ・幅・高さ
フラット 燃費 価格
SUZUKI
(マツダ)
ハスラー
(フレア

クロスオーバー

)
Gターボ
Xターボ
76点 180mm
175mm
(4WD) / 4.6m
2.16m
1.295m
1.25m
★4.5 27.8
26.2
(4WD)
125.9万
(税抜)
144.3万
(税抜)

(11.7万:4W

, 4万:2トーン

)
SUZUKI
(日産)
(マツダ)
(三菱)
エブリィ

ワゴン


(クリッパー

リオ

)
(AZワゴン)
(Town BOX)
JPターボ
PZターボ
63点 150mm / 4.5m 2.24m
1.355m
1.315
~1.42m
★5 16.2
14.6
(4WD)
132万
(税抜)
145万
(税抜)
(12万:4WD

, 1万:ハイルーフ

)
SUZUKI Jimny XG(AT)
XC(AT)
73点 200mm / 4.8m 1.66m
1.22m
1.21m
★2 13.6 130.3万
(税抜)
150.5万
(税抜)
(標準でパートタイム4WD)
HONDA N-BOX
+
G・ターボL
C G・ターボL
75点 150mm / 4.5m 1.885m
1.35m
1.4m
★4 22.6
21.6
(4WD)
154万
(税込)
174万
(税込)
(13万:4W

,5.94万:2トーン

)
ダイハツ ウェイク Gターボ “SAⅡ” 75点 140mm / 4.4m 2.215m
1.345m
1.445m
★4.5 23.8
23.2
(4WD)
155万
(税抜)
(11.5万:4WD)
ダイハツ
(トヨタ)
キャスト
(ピクシス

ジョイ

)
C Gターボ
"SA II"
58点 180mm/ 4.7m 2.005m
1.32m
1.245m
★3 27
25
(4W)
140.5万
(税込)
(12万:4W)
ダイハツ ミライース
(新型)
?? 72点 155mm
160mm
(4W) / 4.4m
1.935m
~2.025m
1.345m
1.24m
★2 34.2
32.2
(4W)
100万強

何をとるか??

滝巡りで所有する軽自動車の結論としては、
決して広いとは言えないも、林道走行や車中泊など
幅広くポイントを抑えているのがハスラー

燃費や最低地上高など、
似た性能を持つが、車中泊に難があるキャスト
(ピクシスジョイ)。

激しく狭いも、
圧倒的な林道走行性を持つ、
軽自動車オフロードの帝王Jimny

軽自動車最大の空間で、
一番快適な車中泊が可能なエブリィ

同じく広いスペースと更なる高さを持ち、
最低地上高がやや低いも、小回りも優れたウェイク。

車中泊と積載量さえ捨てれば、
燃費や金額面、小回りが最強の軽自動車、
2017年新型のミライース

このあたりに、
パジェロミニを加えて
新車と中古を合わせて見ていく戦略です。

お店の印象

ちなみに店舗の印象が非常に良かったのは、
ネッツ・ホンダ・三菱・ダイハツ
でした。

スバル・マツダ・日産はまあまあ親切で、

スズキだけは売れている驕りなのか終始
めんどくさそうな顔で接客されました...笑

④まとめ

最近の車はどんどんエコになって来ています。

それでも少しは
環境を損ねてしまうことにはなるので、
そのことも踏まえてドライブを楽しんでいきたいものです。

スポンサードリンク