阿倍大滝

駿河大滝
—【静岡県 静岡市 葵区 梅ヶ島】—

スポンサードリンク

コメント

雪積もる阿倍大滝が見れました。
別の季節にも訪れてみたい滝です。

静岡駅からの100分バス
+揺れる吊橋
と思い出に残る訪問でした。

滝の記録

訪問日 2013年1月18日
活動の形態:ハイキング / 電車+バス
感動度:かなり

①阿倍の大滝へ

東海地域を電車+バスで
駆け抜けた遠征の一端です。

静岡駅で夜を過ごし、
翌朝8時7分発のバスに乗って、
滝を目指しました。

このバスは
とてつもなく長いバスで、
阿倍大滝入口につくまでに

60以上バス停を経由し、
110分近くかかります

途中【草木】というバス停付近で、
大きな滝が見えて、
シャッターを切りました。

これは1707年の
宝永地震によって誕生した赤水の滝です。

②序盤 恐怖の橋

急ぎ目で行きました。
帰りのバスの時間まで
47分しかなかった
からです。

スタートしてすぐ
二つの橋にぶつかります。

1つめの橋は普通の橋ですが、

2つめの橋は乗ると、
横方向にぐらんぐらん揺れる上、
途中板がずれていて、恐怖でした。

下の視界もはっきり見えます。

③中盤 登りの道

2つの橋を抜けると普通の登り道です。

ただ、ところどころ道が細く、
冬場は雪があってすべりやすいです。

④終盤

問題は1か所です。
倒木によってルート崩壊が起きています。

ここは大きな木をまたいだ後は、
下にさがらず、前の枝をくぐるのがよいです。

このやや危険な個所を突破すれば、
滝はほどなく滝に到着します。

⑤阿倍大滝!

準備体操なども含め、
20分で到着しました。

落差に関しては諸説ありますが、

僕が見た限りでは、
40mくらいに見えました。

雪でうもる滝壺空間を
「ごー」っと音を立てて
落下していきます。

大滝の名にふさわしい滝だと思いました。

下の写真は展望の場所です。

雪が積もっていて、
これ以上近づけませんでした。

⑥その後

滝壺には9分滞在し、
15分でバス停に戻り、
3分後にバスが来ました。

バス100分→静岡駅→浜松→豊橋→三河大野
と移動し、愛知県の阿寺の七滝を目指しました。

アクセス

バス:静岡駅からバス100分+徒歩30分。
車:梅ヶ島温泉付近へ

【バス 時刻表 H24 10/1時点】

①静岡駅→阿倍大滝入口バス停
8:07/ 10:30/ 12:42/ 14:30...
②阿倍大滝入口バス停→静岡駅
10:45/ 13:29/ 15:45/ 17:49

(しずてつジャストライン 片道101〜109分 1550円)

スポンサードリンク


滝色へ戻る