八重沢左俣の大滝

スポンサードリンク


大滝
—【静岡県 静岡市 葵区 横山】—

滝の記録

訪問日 2017年11月4日
活動の形態:お手軽滝 / 車
装備:沢タビ, ヘルメット
感動度:けっこう

①峠を越えて

福養を終えて、北に向かった後、
ところどころ水の流れを目にするが、
大玉橋から見える10m滝はしっかりとした滝。

紅葉と合わせて

場所としては西河内川の
左俣であったと考えられる。

さらに細い道を進んでいく中で、
2本の滝を僕は認識。細かい記載は
いせさんのHP更新を待ちたいところです。

②つるつる

そうして権現滝。
駐車できるスペースは広くはない。

川幅いっぱいに巨岩がある豪快な場所。

橋からメインで見える滝パートは、
向かって右側の岩間に落ちる、
5mほどの流れで、これが権現滝か。

崩壊が激しく、
形を変え続けている滝のよう。
奥に見える滝に接近してみる。

右岸側からするりと
上流を目指していく。

しかし、大岩を乗り越えて、
後一歩で上の滝が視界に入るその瞬間、
足が滑って、激痛が走る。

鋭い痛みはあったが、
なんとか足を動かすことはできた。

数枚滝を撮影したら、
慎重に岩場を降りていった。

後から考察してみると、
沢足袋を長く使いすぎていて、
磨耗が激しく、滑って当然と言える
状態でした。

③最後に

牛妻不動滝へと向かう予定が、
安倍川沿いの道にぶつかる直前に、
「大滝」が良いのではといせさんのご提案。

横山地区の大滝へと進む。
(沢の名前は八重沢)

途中で道は分岐し、
実は沢も二股に分かれているが、
左側に進めば良いです。

二つ目の橋がアプローチ拠点。

④2段すだれ状

橋から滝は一部見えていて、
右岸に道はあり。

先ほどの負傷で
足はびっこをひきながら、
進んでいく。

そうすると、上段は奥ゆかしく
隠れるように落ちる3m直瀑。

すぐ下の下段は、
すだれ状の驚くべき美瀑
だった。

事前リサーチでも
こんな姿は見ていない。

どうやら数年の間に、
完全に姿を変えてしまった模様。
堆積岩系なので、姿を変えていくペースが
早い滝なのかもしれない。

以前は直瀑チックだったようだが、
今の姿はなかなかどうして、
いい変化だと思います。

⑤朝日滝と温泉と

安倍川沿いに戻って、
すぐ北の対岸、山の中に落ちる
朝日滝を観察。

ここにて本日の滝巡りは終了。

温泉として、新東名の道路が凄く近い、
滝ノ谷温泉センターに向かうが、
暗くて営業が終了していた。。。
(営業時間16:30, 受付15:30までとのこと)

しかしその後、
おふろcafe bijinyuに修正。

こちらは、整っていて、
雰囲気も抜群に良く、
安倍川流域の遠征で再訪しようと誓いました。

その後静岡のソウルフード
さわやか」に向かうも、
75分待ちで諦めてサイゼに。。。

横浜町田ICあたりが混んでました。

⑥まとめ

久しぶりの一日中お手軽滝でしたが、
以前とは違う視点も会得していたり、
福養を中心に、精進樽・八重沢の大滝と、
楽しめました。

沢足袋のフェルト底に関しては、
薄くなって多少滑りやすくても、
(慎重さや足裏の気合があれば、)
なんとかなると思ってましたが、
異常に滑る場所では無力なことを知ります。

最近は「狭く、深い」
とこばっかでしたが、

「浅く、広い」ところも
逆に新鮮と感じた、秋の一日でした。

アクセス

車の場合:
Step1 安倍川沿い県道29号を北上
Step2 横山地区へ入り途中分岐を左に
Step3 2つ目の橋が拠点
Step4 右岸から徒歩3~4分
(崩壊が激しくヘルメットあった方が良いです)

スポンサードリンク


滝色へ戻る