赤川 御滝

冬の御滝
—【那須塩原市 湯本塩原】—

スポンサードリンク

コメント

2月の実働日は3日。
2本は一旦お蔵入りになりました。

月末に向かったのが那須塩原であり、
最大の目的は冬の御滝でした。

ハンターマウンテンの位置↓

滝の記録

訪問日 2016年2月27日
活動の形態:中~上級滝巡り
感動度:かなり~限りなく

①那須塩原

滝的に那須塩原は今回が初めて。
竜化の滝が3年前に通行止め状態で、
訪瀑を取りやめてました。

留春&珈雲、
布滝、風挙、竜化、抛雪とお手軽滝を巡った後、
今回の目的地である
御滝のアプローチ拠点へ向かいます。

②アプローチ

今回は雪田爺さんとあっきーさんのサイトを
主に参考にさせて頂きました。

雪田爺さん:御滝
あっきーさん:ふたたび赤川の御滝・黒滝と赤下沢の滝へ

訪瀑においてわかることは3点。
アプローチ方法が3種類あることと、
どれもその開始地点に駐車できること。
そして、冬の記録がないこと。。。

アプローチ方法は、
①御滝の真下にダイレクトに出る
②上流から他の滝もみつつ下降
③支流を下降後本流遡行で到達
の3種類ですが、今回選択したのは①

と、いうのも、
一番魅力的なのは②なんですが、
冬場なので沢の下降が大変そうであり、
③は支流近くに駐車できる箇所を
見つけられなかったので自然と①に。

結局ハンターマウンテンの
スキー場を普通に利用しました。

③雪原を進む

御滝の場所は地形図で事前に
だいたい予想がついており、

その辺りに向けて、
車道から雪原に入って行きました。
(踏み跡や目印は皆無なので、
地形図が読めることが前提となります。)

普通のアプローチシューズですが、
雪が硬かったので問題なく進めました。

順調に西に進んでいくと、尾根が現れます。

このあたりから
少しずつ川の音が聞こえてきて、
尾根の切れ目が現れます。

④痺れる下降

ここでロープを使用した下降を開始。

10mのお助け紐・30mロープをそれぞれ、
【木-スリング-カラビナ】を介して
シングルで残置しながらの下降。

最後は慎重にルートを見極めながら
やや傾斜のゆるい雪面エリアに降り立ちます。

友人もなんとかその後ロープ沿いを
やって来ました。

⑤壮絶な下降

さて、まだ赤川の川床までは、
高低差20mの距離があります。

雪面は意外と角度があり、
ロープ類はここまでの下降で使いきりました。

ここは撤退か...

それでも行ける所までと、
水を一杯飲んで、
ザックを置いて身軽になって、

慎重に腰を低く落としながら、
足場を作りながら
雪の斜面を切り開いていきました

途中トラバースしながら、
川に近づいて行ったら、
最後が5m程の崖になっていました。

ここは本当に恐ろしく、
懸垂下降をすべき場所です。

約20分ルートを模索に模索し、
点と点をつなぎあわせ、
滝人生で最も危険だった、
フリーでの下降
を終えました。

友人はここでギブアップしました。

⑥現実の色

写真で見た御滝。
赤い岩盤と深い緑色の滝壺の対比が本当に美しく、
その色合いの中に、

「雪」の白色を加えた風景が
どんなものであるか、
果たして本当にそれを見れるのか、
ずっと楽しみにしてました。

沢を少し進むと、
想像上の御滝の色は、
現実としての色に
姿を変えます。

靴をびしょびしょにさせながら滝壺へ。

今まで見たどんな世界とも違う、
美しい滝と雪の世界観

対岸へと渡り、
正面から御滝と対峙。

流れ出ていく、
赤川の流れの美しさが秀逸でした。

水が冷たすぎて足が痛かったのと、
友達を雪積もる崖に残していたので
15分強で幻想的な滝壺を後に。

登り返しは一番下よりも、
ザックを置いたすぐ上が一番ハードでした。

⑦その後&まとめ

行きに見落としていた
回顧の滝を訪瀑。

その後すぐ近くの、
回顧の湯によって帰路へ。

無事冬の御滝へ行けたのは良かったですが、
ザイルに関しては準備不足だったので、
次から下降系のアプローチでは
多めに持っていきます。

那珂川水系の上流域は
いい滝がたくさんあるようなので、
また今年どこかで訪れたいと思います。
(10月の井戸沢へ)

アクセス

ダイレクトに降りる場合

Step1 ハンターマウンテンへ
Step2 歩いて目指す

スポンサードリンク


滝色へ戻る