阿寺の七滝

阿寺の七滝
—【愛知県 新城市 巣山】—

スポンサードリンク

滝の記録 〜さらさら〜

訪問日 2013年1月18日
活動の形態:お手軽 / 電車+Taxi
感動度:けっこう

①阿寺の七滝へ

午前中は阿倍の大滝による
バスの大移動で時間を使い、
休む間もなく、西へ移動を開始しました。

阿寺の七滝には、
行くバスがあるのですが、

この日は最寄りの三河大野駅に
15時44分に到着だったので、
滝を日没前に見れるバスがなく、
タクシーを予約しておきました。

タクシーを降りて、
徒歩12分くらいで滝に到着しました。

②さらさら

正直、水は少なかったですが、

水がさらさら
段を作りながら流れていて、
安らぎの滝になっていました。

特に滝壺の砂具合と、
近くにいける感じが最高
でした!

階段を上っていくと、
上段の部分も見ることができます。

滝の上の2段です。

下は中盤の流れを抑えています。

このように、
様々な角度から滝をみることが出来る上、
近づけるので、好きな滝の一つになりました。

③猿滝と東海自然歩道

帰りは徒歩で5.9kmの道のりを
55分で帰らないと、駅で2時間待つことになるので、
ダッシュしました。

途中【猿滝】という滝を見ました。

落差は10mくらいで水量も少なめでしたが、
黒い岩が特徴的でした。

帰りのルートは普通の道かと思いきや、
普通に山道になっていて、
登りも多かったので苦戦しました。

終盤に下りで挽回し、
滝から47分で三河大野駅に到着

自分を追い込んで
いい走りが出来たと思います。笑

④After

三河大野→豊川→豊川稲荷
→名鉄名古屋と移動し、

名古屋駅の太閤通り沿いを
北にいった所にある【炭の湯
という銭湯を利用しました。

値段は400円です。

名古屋に寄る時は毎回訪れています。

近くでご飯をとった後、
夜中三重県江戸橋に移動。
マンガ喫茶で夜を過ごしました。

アクセス

Step1 豊橋駅-飯田線-三河大野駅
Step2 三河大野-タクシー-七滝入口
Step3 徒歩15分で到着


滝色へ戻る