大山滝

大山滝
—【鳥取県 東伯郡 琴浦町 野井倉】—

スポンサードリンク

コメント

悠久の自然の変化
思いを馳せました。

重ねられた石は、
人々の大山滝への思いの表れかもしれません。

滝の記録 〜春の夜の夢のごとし〜

訪問日 2013年7月7日
活動の形態:ハイキングの延長線上
感動度:けっこう~かなり

①一向平の季節変化

大山滝は滝100選に選ばれている滝で、
一向平(いっこうがなる)というキャンプ場から
山道を歩いて1.9kmのところにあります。

今年の冬に行こうとした時は、

駐車場まで1kmのところで除雪が終わり、
滝に行けませんでした。

今回は、

普通の道になっていました。

②雨

起床後、雨が止むのを待って出発しました。

最初の道はこんな感じです。

途中で340段くらい階段を下ります。

帰りがつかれます。

③吊橋と鮎返り

この吊橋が
ちょうどコースの真ん中にあります。

このあと【鮎返りの滝】を見に行きました。

上部は人工化されていていました。

再び道に戻って大山滝へ

④変化

木の根っこが浮き出した道を進むと、
大山滝の看板があり、
すぐに遠望地点です。

少し下ります。

大山滝は台風で形が崩れた
と聞いていましたが、

今見えているのが
どういう変化をした後なのか分かりにくく、
当然下って滝壺を目指します。

最後はロープや鎖が用意されています。

⑤諸行無常

滝壺はこういう世界になっていました。

砂が広く広がり、
奥まったところに20m以上の直瀑が1本

???

下段の半分以上が埋まった
という情報を思いだしたものの
そもそも下段が存在しない。

自分が今立っている、
砂状の滝壺エリア全般に大量土砂が堆積し、

下段滝をふくむ
広大な空間が消滅
したようです。

1934年の室戸台風で
3段→2段へ変化してから

2011年9月の2度の台風での
2段→1段変化まで77年間。

大山滝はたった77年間しか、
人間にその美しい2段としての
姿を見せなかったことになります。

下段は現在落差90cmとなっています。

かつてのほうが絶対良かったと思いますが、
それでも奥の直瀑は迫力がありました。

⑥船上山へ

この後、コンビニで食料補給をし、
船上山で鱒返しの滝をみました。

そこでは滝の大先輩にお会いし、
しばらくお話した後、千丈滝に向かいました。

アクセス

Step1 一向平へ
Step2 1.9kmの山道
Step3 滝壺へは急下降

スポンサードリンク


滝色へ戻る