福養の滝

スポンサードリンク


福養の滝
—【静岡県 静岡市 葵区 大間】—

滝の記録

訪問日 2017年11月4日
活動の形態:お手軽滝 / 車
装備:沢タビ, ヘルメット
感動度:かなり

①藁科川の源流

精進樽のあと、
道路を北上していくと、途中に
2条6m程度の赤い滝を発見。

さらに北へ進み、
藁科川の源流地域に近づいていく。

多少、滝見の方もいるのでは?

と思っていたが、
駐車スペースには
1台作業系の車が止まっていたのみ。

近づける滝なのかは全然わかりませんが、
ヘルメット&手袋装備(+沢足袋のまま)
を備えて、遊歩道を進んでいく。

②遠望と下流

やがて、連瀑帯が見えてきて、
観瀑台と福養の滝が見えるが、明らかに
近くまで接近できそうな気がする。

まずは下流へ。

5mナメ滝

なかなか流れる姿が美しい。

その下の2条5m滝。

さらに少し際どく、
滝を降りていくと、

7mのナメ滝

なかなかの滝でした。

さらにその下にも良さそうな
飛瀑+トイ状の流れ
が見えますが、

病み上がりのいせさんを置いて
離れすぎるのは良くないので、
ここにて引き返し。

③近距離体験

さあ今度は接近。

どうやら形が変わったことで、
近づきやすくなった模様。

福養の滝と一緒とも見ることができる
「5m幅広の滝」を越えて

さらに登れば、
見通しがよくなる。

そうして、2段60m前後の
福養の滝の直下に到達。

堂々たる姿!

撮影的には、太陽が出たりで、
あんまり良くなかったようですが、
個人的にはかなり満足。

左岸側を少しよじ登り、
上段をよりしっかりと仰ぐ。

滝前に落ちていた、
やけに光沢のある灰色~銀色の
謎の岩...

個人的には静岡の滝の中で、
宇嶺・富士白糸・三方滝に続く、
仁科川大滝天神滝安倍大滝
と「同じくらいいいな」と思いました。

下流の連瀑帯と合わせて
立体的に魅力が増しています。

④安倍川へ抜ける

この後は北の峠道を経ながら、
西河内川流域を通って安倍川に至る中での
滝巡りルートになります。

(八重沢左俣大滝へ)

アクセス

車の場合:
Step1 藁科川に沿って静岡県道60号を北上
Step2 駐車スペースから徒歩6分ほどで遠望
Step3 接近は気をつけて
(誰かが事故になると直下封鎖に近づきます。)

スポンサードリンク


滝色へ戻る