五老ヶ滝

五老ヶ滝
—【熊本県 上益城郡 山都町 長原】—

スポンサードリンク

滝の記録 〜九州苗名〜

訪問日 2013年9月22日
活動の形態:お手軽 / レンタカー
感動度:限りなく

①超一級

五老ヶ滝は熊本の名瀑であり、
吊橋からと滝壺の
2点から見れるようですが、

一直線で滝壺を目指しました。
(栴檀轟の滝の続きです。)

②全てを捨てて

滝の左サイドにはベンチがあり、
通常はこちらから眺め、撮影します。

しかし、川を隔てた
滝の正面には草地があり
そちらは滝壺のほとり
みたいな場所にあるので、

明らかにそっちのほうが
「アツい」場所であることがわかります。

もう、滝を見た瞬間に、

どれだけ足が濡れてもいいから、
あそこに行くと決意し、

川を渡りました。

③草原のほとり

スケールは新潟の
苗名滝と同じくらいです。

水量は苗名の方が多いと思いますが
こちらのほうが滝周辺は美しいと思います。

草原のほとりの滝壺にて
岩に座りながら五老ヶ滝を眺めました。

いつまでも見ていたい、
そんな気持ちになってしまう滝です。

名残惜しいですが、
五老ヶ滝を後にして、

西原村の白糸滝に向かいました。

④その他

五老ヶ滝のすぐ上流には、
有名な通潤橋があり、
下流には鵜の子滝があります。

近くには通潤山荘という、
ポンパレグッドディール大賞に選ばれるなど、
評価の高い宿があります。

五老ヶ滝は2016年4月の熊本地震で、
しばらくは通行止めであり、
通潤山荘も復旧工事を行っています。

アクセス

熊本市中心部からは車で
国道445号か218号経由で、
45~50km 1時間前後の道のり。


滝色へ戻る