ハリオの滝

古座川源流域の滝
—【和歌山県 東牟婁郡 古座川町 松根】—

スポンサードリンク

コメント

古座川の源流域は
かなり神聖な印象があり
そこに憧れて訪れました。

滝の記録

訪問日 2014年6月4日
活動の形態:中級滝巡り/レンタカー
感動度:かなり~限りなく

①憧れの地へ

アプローチ拠点は
地図で確認しておいて
そこに向かいました。

しかし、時間が遅く、
午後5時40分くらいでした。

②美しき清流

古座川の源流地域は
水も澄んでいて空気も最高に良く、
奥入瀬に匹敵しているなと思いました。

川を上流に向かって右手から
どんどん進んでいきます。

目指す滝は2つ。
ハリオの滝と植魚の滝です。

それぞれが枝分かれする
別々の沢にあります。

③滝は???

途中で一回枝分かれしますが、
左の沢には川を渡る必要があるので、
無視してすすみました。

すると右側の枝沢に
すぐハリオの滝を発見! 

ここは一旦置いておいて、
もう一個の滝の場所を
抑えようと思いました。

状況を整理すると……

・最初の左分岐:滝があるか不明
・本流(最初の右分岐・次の左分岐)
:滝があるか不明
・次の右分岐:ハリオの滝

つまり最初の左分岐と本流のどちらかに
残りの植魚の滝があるという状況でした。

(本来ならちゃんと調べておくべきです。)

案内があると思っていたのですが、
見当たらず、感に任せて奥の本流を直進。

どんどん日が暗くなりますが、
頑張ります。しかし、、、

さすがに6時20分を過ぎ
これはもう引き返さないとまずいだろ
という状況になりました。

しかも軽装で沢靴も履かず、
ヘッドライトも置いてくるという大ポカ。

飛ぶように引き返して
ハリオの滝を見ました。

④神秘の滝ハリオ

苔むした緑色と青白い滝筋、
そして右手岩盤の赤さ。

その清廉な雰囲気と
奇跡的に丸い滝壺には神秘性を感じました

滝壺の水に触れたい!
と思って近づいて手を触れた瞬間、

カエルだか鳥だか、
よくわからない声が響き渡りました

⑤やんちゃ

おとなしく帰ればいいものを
帰り途中で植魚の滝への
白い看板を発見してしまい、
(最初の左分岐方面でした)

ダッシュ。

暗黒の夜に近づきながら見えた滝は……


もともと光が当たりにくい、
洞窟系の滝なのですが、真っ暗です。

30秒で滝を後にし、
全速力で戻りました。

危なかったです。

綺麗な清流にとても癒されました。

⑥その後

この古座川源流で
スマホをポケットに入れていたため、
湿気を帯びて、
当日夜にお陀仏に
なりました。

翌日は豪瀑と化した那智の滝からです。

アクセス

Step1 大塔山登山道付近へ
Step2 道を進む
Step3 ハリオの滝は右、植魚の滝は左

スポンサードリンク


滝色へ戻る