八草の滝

八草の滝 (品瀬川の滝)
—【和歌山県 西牟婁郡 白浜町 久木】—

スポンサードリンク

コメント

迷って別の谷を遡行していましたが、
それも含めアプローチも面白く、
記憶に残る滝でした。

滝の記録 〜実は良瀑〜

訪問日 2013年5月17日
活動の形態:中級滝巡り/レンタカー
感動度:けっこう

①白浜町へ

前日は那智の滝を見て一日を終え、
近くの温泉に行ったのち、

R42を通って白浜町の道の駅に行きました。

そこで夜を過ごし、
朝になって八草の滝へチャレンジです。

②まずは遠望

日置川(ひきがわ)
沿いに南から進みます。

すると左サイドに
小さな看板が見つかり、

そこから
川の向こう側の滝を眺めることになります。

緑の中にふつふつと落ちる
水の流れ
は確かにいいんですが、

遠すぎてまったく
滝を感じることはできません。

よって当初の計画通り、接近してみました。

③対岸をかける

八草の滝に向かって左(もと来た方向)
に進んで橋を渡った直後に、
右に行く部分があります。

車では進めなくなるので、
徒歩で行きます。

途中トンネルあり
絶壁ありのスリリングなコース
です。

進むと苗が植えてある場所があり、
そこで沢の出会いがあったので、
そこを登って行きました。

進むと5mの滝があり、
直登不可のため引き返し、

高い道を通って行くと、その滝を通過、

今度は13mくらいの
なかなかの階段状滝に遭遇しました。

(鍋津呂小谷F2 ↓↓)

その後も頑張って進むも
八草の滝はなく1時間以上かけて、
むなしく戻ってきました。。。

そこで看板を発見。

④鍋津呂小谷を遡上していた 笑

この地図で全て分かりました。

八草の滝は、
隣の沢「品瀬川谷」にかかっており、

わけのわからない
鍋津呂小谷を遡上してしまっていたことに

その後地図通りに移動し、
八草の滝を発見。

途中の道は、
転落しそうになるところもあります。

⑤感想

八草の滝は、
公称の22mよりも高いです。

たいていの滝は落差をちょっと盛って、
高めに見せられているんですが、

普通に35mはあったと思います。

あまり人が訪れない滝壺で、
雰囲気は非常に良く、

草という漢字が良く似合う
どこか日本的な良い滝でした。

この後は、仙人滝です。

アクセス

Step1 日置川沿いで遠望
Step2 直下を目指すなら
上述の橋付近で駐車後、接近
Step3 鍋津呂小谷には入らず、品瀬川へ

スポンサードリンク


滝色へ戻る