川原毛大湯滝

川原毛大湯滝
—【秋田県 湯沢市 高松】—

スポンサードリンク

コメント

川原毛大湯滝は
2つ駐車場があり、遠くに停めると
川原毛地獄のハイキングが必要になります。

滝の記録 〜心躍る湯煙の滝〜

訪問日 2013年10月19日
活動の形態:お手軽 or ハイキングの延長線上
感動度:かなり

①川原毛地獄

ここは、硫黄臭で立ち込めています。

ところどころ
有毒ガスが発生しているようで

あちこちに看板がたっていました。

目指すべき川原毛大湯滝はこの奥ですが、
有毒ガスはなかなか恐ろしく、
チャレンジに踏ん切りがつきません。

しかし、
そこから少し移動した程度では
滝に近い駐車場にたどり着けなかったので、

地獄を歩き始めました。

もともと硫黄の採掘が行われたそうです。
(1623~1966の間 久保田藩が整備
+菅江真澄も訪れたとのこと)

生き物はカラスしか存在せず、
不気味な雰囲気を漂わせている死の山でした。

②滝へ

途中、大きな仏像と
滝に近い駐車場を経て滝への道に入ります。

滝の上流を流れる川です。

湧き出した温泉の流れです。

③湯の滝

流れる水が温泉でできている滝は珍しく、
他にカムイワッカ湯の滝がありますが

カムイワッカ湯の滝は
全体が一つの渓流瀑という感じで、
主要な部分(一の滝)の落差は小さく、

滝としての迫力はありません。

一方、この川原毛大湯滝は
落差15Mと規模が大きいです。

湯気に包まれた
ファンタスティックな雰囲気
と、
予想より立派な滝の形が良いです。

④滝と厚焼きタマゴ

滝壺でコンビニの厚焼きタマゴを
しょうゆをかけて食べました。

上から歩くとたしかに遠いですが、
経験的に川原毛地獄を味わえるのは
悪いことではない
と思います。

この後は、
法体の滝を目指しました。

アクセス

Step1 下の駐車場へ
Step2 滝まで6分程度

スポンサードリンク