八ツ淵の滝

貴船の滝
—【滋賀県 高島市 黒谷】—

スポンサードリンク

コメント

経験が少なかった当時、
鎖場の連続に焦り、こむら返りで更に焦った
思い出の滝です。

滝の記録 〜死の香りがぷんぷんした名瀑〜

訪問日 2012年11月30日
活動の形態:中級滝巡り/電車+バス
感動度(貴船):かなり

①100選、八ツ淵の滝

八ツ淵の滝は、
滋賀県唯一の100名瀑であり、

8つの滝(淵)で構成されています。

いちおう観光地であるようですが、
危険な個所があります。(特に雨後)

②滝までのルート

ルートは二つあって、
①ガリバー村から目指すルート

②黒谷バス亭から目指すルート

僕が訪れた平日は
バスがなかったため②ルートを選択しました。

②ルートは結論からいうと、
おススメしません。

ガリバーまでいけなくても、
鹿ヶ瀬というバス亭で降りて、
ガリバーを目指した方がいいと思います。
(下は帰りに撮ったマップ↓↓↓)

まず、ルート入口で
鹿対策の柵を超えます。

その後、八ッ淵の滝の
道スタートまで30分以上歩きます。

しかも、突然川が現れて、
ルートが不鮮明でした。

途中で、
ガリバーからのルートと合流します。

③障子の滝

2つ目の障子の滝という場所では、

流れのはやい急流を越え、
鎖場を登る
ので、けっこう危険です。
(下の鎖場を向こうへ越えます。苦笑)

(この日は増水してたので、
水量も多く岩は全部濡れてました)

④貴船の滝!

その後、様々な滝?を見つつ、

主瀑である貴船の滝につきました!

上段25m、下段5mで立派な滝ですが、
近づくには鎖で崖を降りて川を越え、

さらに登って行きます。

ここは死亡事故も起きているそうですが、
それもうなづける、危険な場所です。
とくに、雨で岩が濡れているときは

貴船の滝は、本当に、
色のコントラストが素晴らしかったです。
ただ、恐怖も強かったので、威圧されました。

⑤七遍返しはどこだ?

これより先各所に、
レスキュー隊救出ポイントがあり、

岩や垂直梯子登りの連続です。

最後の「七遍返し」をみようと、
進んでいきましたが、

それっぽいのがあっても、
看板がないため、

まだ先にあるじゃないかと
進んでしまい体力を消耗しました。

⑥死を感じる

結局、過ぎたことを示す看板が見つかり、
(↓↓↓)

引き返しましたが、
(七遍返しは恐らく↓↓↓)

帰り道の、途中で何度も足をつりかけ、
貴船の滝の岩を登り上がるところで、
右足がつり、死ぬと思いました。

足がつりやすい方は、
①普段から柔軟&ストレッチ
水分を多めに取る
③風呂でふくらはぎを重点マッサージ
④重い荷物の時無理しすぎない

の①〜④をしっかりやったほうがいいです。

これ以降は、つらなくなりました。

⑦その後

なんとか頑張って脱出し、
滋賀県も抜け出して、
京都で留学時代の友だちと再会しました。

翌日は金引の滝です。

アクセス

Step1 近江高松駅→鹿ヶ瀬バス停
Step2 鹿ヶ瀬→ガリバー村 徒歩40分
Step3 ガリバー村→最初の滝 徒歩25分