龍門の滝

九重 龍門の滝
—【大分県 玖珠郡 九重町 松木】—

スポンサードリンク

訪問日 2013年9月19日
活動の形態:お手軽 / レンタカー
感動度:まあまあ~けっこう

滝の記録 〜ウォータースライダー〜

①大分の有名滝へ

震動の滝の後、
北へ進み、一旦国道を進みます。

途中で右折して
滝までたどり着きました。

案内はわかりやすく、
周辺に行けば、
迷わずたどりつけると思います。
(恵良駅から1時間のハイキングでもいけます。)

②遊びの後に

僕が龍門の滝に辿り着いた時、
まさに10人前後の若者たちが
滝での水遊び(夏の風物詩:滝滑り)を終えて、
駐車場に引き返すところでした。

滝の傾斜がゆるやかなので、
滝すべりで遊ぶことができます。

実際滝は大きく見応えもあります。

奥は幅広の直瀑になっていて、

その二段構造
この滝の魅力になっています。

軽登山靴ですが、小岩を跳ねて、
滝の中段部分まで行ってきました。

③由来は古く

この滝の命名は、
鎌倉時代にまで遡るようです。

現在は国指定の
名勝地でもあります。

この後は、宇佐地域に北上して、
西椎屋の滝を見に行きました。

アクセス

車の場合:
Step1 九重町松木の住所検索
Step2 現地で看板に従う

徒歩の場合:
Step1 JR九州久大本線の恵良駅へ
Step2 滝駐車場まで約1時間徒歩(4.6km)

スポンサードリンク


滝色へ戻る