濂泉響谷

濂泉瀑布(りえんちゅえん)
—【北京市 懐柔区 八道河郷】—

スポンサードリンク

コメント

北京の滝シリーズ第5弾です。
一般的にはあんまりおススメしませんが
北京の滝の中で1番良かったです。

滝の記録

訪問日 2012年6月18日
活動の形態:ハイキング/バス+タクシー
感動度:けっこう

①懐柔区

北京の滝シリーズも終わりに近づき、
帰国の日も 近づいてきました。

僕の帰国は比較的遅めだったので、
どんどん周りがいなくなっていく時期でした。

今回は北京北部の懐柔区で、
ここも例の東直門からバスに乗ります。

密雲県へのバスとは
違う乗り場からです。

②濂泉響谷へ

懐柔区の市街地について、
そこからはタクシーに乗ります。

無事送ってもらいましたが、
ここでさよならすると
帰れなくなってしまうので、

90分の探索猶予をもらい、
待っててもらいました。

③滝へ

この濂泉響谷は滝が一本だけであり、
入口から滝までは僕の足で17分でした。

④謎の濂泉瀑布の正体

例のごとく水は少ないですが、
堂々たる落差。

かつ岩の構造がユニークです。

真ん中が空洞になっているので、
左右それぞれから近づいて見ました。

まずは左から接近です。

落ちる白水と
後ろの山々の風景が美しい角度でした。

そして右からです。

真ん中のくぼみ。
下流部の流れ、滝壺。

それら全てがおさえられた俯瞰構造で
こちらもいい角度でした。

ようするに良かったところは、
北京の滝ではめずらしく、

・【自然に近い形態
・【1人で滝を見れた】
・【接近+俯瞰できた】という点に加え

・【そこそこ大きい】
・【形が奇抜】

というようなところでした。

ただし、
このように水量が少ないので
滝としては微妙であり、

かつ滝周辺は
ボウフラ・ハエ系の虫が多いです。

防虫スプレーの装備をおススメします。

以上のような点から、
個人的にはけっこう満足できたものの、
万人におススメできる場所ではありません。

⑤その後

入口の食堂みたいなところで
ご飯を食べました。

その後、
→懐柔市街地→東直門
→積水潭→学校と戻りました。

そして次はいよいよラストです。
清涼谷風景区

アクセス

Step1 東直門へ
Step2 バスで懐柔区市街地へ
Step3 タクシーで濂泉響谷を目指す