前川本谷大滝

前川本谷大滝
—【長野県 松本市 安曇】—

スポンサードリンク

コメント

乗鞍岳周辺へでかけたこの日。
まずは早朝善五郎の滝へ。
そして向かったのが前川本谷にかかる大滝。

はたしてダートを突破できるのか?
そこまでが核心でした。

滝の記録

訪問日 2015年9月13日
活動の形態:中級滝巡り / レンタカー
感動度:かなり~限りなく

①情報社会

名瀑の検索エンジンを
あんまり荒らしたくない

という気持ちがあります。

丁寧に、真摯に
情報に向き合っていきたいです。

②位置づけ

前川本谷大滝は乗鞍岳周辺、
長野県側のアプローチがあまり困難ではないが、
かなり素晴らしい滝といった位置付けで
語られることが多く、実際そうなんですが、

懸念材料としてはダートがあります。

今回の相棒は
おしりがいかしている
コンパクトカーのデミオ。

ところどころ、
大きな穴ぼこがあいているので、
左右に車体を寄せて交わしたり
基本超低速で移動したら
下をこすらずに進めました。

③現場

地形図を見る限りだと
もっと下流の地点(白樺橋)へ林道が向かって
そこから林道が沢沿いに伸びるもんだ
と思ってたら、違いました。

前川本谷の左岸の大きな支流
伊奈川沿いに伸びて、

伊奈川をまたぐ橋の少し前で駐車。
そこから林道を先に進みます。

途中、木の伐採と
木材の搬出準備
がなされていました。

紙を大切にしようと強く思いました。

④コンパクトに

前川本谷の橋から入渓。

難所はないですが、
意外と長く感じました。
林道歩き11分。沢登りは28分。
体感的にはもっと長かったです。

難所がないのが逆に退屈で、
だるかった要因だと思われます。

駐車スペースがダートの先かつ、
かなり限られているので実際、
同時に多くの人は行けません。

⑤水の在り方

滝は形状としても波状というか、
まずもって形の美しさが光りました。

そして個人的には滝壺が
予想以上に良かったです。

御来光の滝を思い出しました。

終始曇り気味なのはちょっと残念。

虹は粘った結果
なんとかとれたというのが実情です。
ちょっと強引でした。

ほんの一瞬が強調されて、
印象を歪めてしまう気もします。

幅広の流身を十分な大きさでまとめながら
水の在り方が綺麗
滝壺は寒く、滝は美しかった。。。
そんな前川本谷大滝でした。

ダートはいちよう
コンパクトカーでもいけましたが、
100%を保証するものではなく、
車高の高い車が無難です。

(下流の小滝)

この後は、醤油樽の滝へ向かいました。

アクセス

Step1 乗鞍高原へ
Step2 善五郎と三本滝の途中南で曲がるカーブ
Step3 そこが前川林道の入口(入口は手動)
Step4 林道を進み前川本谷にかかる橋から入渓
Step5 沢登り30~40分で到達

スポンサードリンク


滝色へ戻る