松見の滝

松見の滝
—【青森県 十和田市 奥瀬】—

スポンサードリンク

コメント

この年後半の、
遠征ラッシュの切り出しは
第二次秋田青森遠征からでした。

松見の滝は特に北中さんの
紀行本で魅力的に描かれていたことから、
行ってみたかった一本で、
遠征2日目に訪れることになります。

滝の記録

訪問日 2013年6月23日
活動の形態:中級滝巡り / レンタカー
感動度:かなり~限りなく

①奥入瀬の秘境へ

奥入瀬川にそそぎこむ黄瀬川(おうせがわ)に、
意識的に滝を見ようとしないと
絶対に目にすることはできない

素晴らしい滝があります。

それが松見の滝です。

片道約9kmの道を歩いていきます。

ショートカットの道もあるようですが、
道が荒れているということと、

正規の道ではないようなので
王道のルートを選択しました。

(黄瀬バス停からアプローチ)

②分岐ミス

朝一で歩きだしました。(6:23)

途中、くの字に落ちる滝が見えます。

この道は昔は車も通っていたようですが、
荒れてしまったため、
現在は徒歩のみの道です。

出発から40分程度で
まっすぐと右の分岐地点にきました。

GPSを見た所、どっちを選んでも、
合流していて、問題なさそうでした。

よって、直進しました。

③黄瀬川渡渉

しかし、

合流できる場所にいっても合流できず、
ただ、斜面の下に堰提があるだけでした。

引き返したら、
時間をロスすると思って、
堰提上流部分の黄瀬川を裸足で渡渉

黄瀬川は粘土質
なんともいえない渡渉でした。

堰提の真上部分も、
落ちたらおそらく助からないので、
ひやりとしました。

その後またも渡渉後、崖を急登。

無事対岸のルートに戻りましたが、
引き返してもあまり変わらなかったと思います(汗)

④看板と山道

長くだるい道をひたすら進みます。

スタートから110分程度で看板に到着。

最後の山道はヤブや横方向の急傾斜など
なかなか大変な道になっています。

次第に滝音が大きくなり、
滝に到達します。

⑤秘境

滝の前は流れ出す川沿いに開けていて
中規模の滝壺空間が形成されています。

落差は2段で
47mくらいに見えました。

大地をスパッと割って落ちる
この姿はカッコ良いです。

自然のまま残されている秘境の空気感
そして、なにより

生きて、松見の滝壺にいる
というのが最高に嬉しかったです。

右下が黒いリュックです。

滝との大きさが比較できると思います。

その他

コースタイム
6:23 出発
7:08ごろ 下降開始
7:31 川から生還
8:14 看板
8:33 滝壺
9:08 出発
10:55 駐車場

この後は、双竜の滝です。

アクセス

Step1 黄瀬バス停から歩く
Step2 途中右折(直進しない)
Step3 看板より山中へ