御岳山の滝

御岳山と滝
—【東京都 青梅市 御岳山】—

スポンサードリンク

コメント

御岳山ハイキングコースの滝です。

それぞれ迫力はありませんが、
心静まるきれいな滝です。

滝の記録

訪問日 2013年1月13日
活動の形態:ハイキング
感動度:まあまあ

①御岳山へ

高尾山で優雅な朝を過ごした後、
高尾山口→高尾→立川
→青梅→御岳と移動しました。

御岳駅からケーブルカーの下まで
バスが出ています

御岳山を拠点にハイキングをするなら、
バスもケーブルカーも使ったほうがいいです。

ケーブルカーは高いですが便利で、
なかなかのらないので貴重な体験でした。

御岳山駅についたら、
マップがありました ↓↓

②御岳神社へ

ケーブルカーの御岳山駅から
御岳神社までは徒歩25分〜30分程度です。

③かなり長い下り坂

七代(ななよ)の滝へはまず、
神社の門をくぐらないと行けません。

進んで行くと階段がありますが、
これがかなり長め
20分ぐらい降り続けました。

④七代の滝

下って行くと滝に着きます。

この滝は、小さな滝が連続して落ち、
合計落差50mと言われていますが、

見えたのは上の写真の部分でした。

小さかったですが、
なかなか雰囲気はよかったです。

⑤綾広の滝

途中階段を上ります。

さらに川原に出て歩いて行きます。
。。。

綾広の滝↓↓

小さな滝で
心が休まりました。

一部、凍っていました。

このように、
御岳山の滝のとくに冬場は
水の量が少ないこともあって、
あまり迫力はありません。

ただ、雰囲気は悪くなく、
東京周辺のお手軽な
ハイキングコースとして、
楽しめる内容
にはなっています。

下り坂にはいってから
70分前後での帰還となりました。

⑥その後

立川まで戻って、
相模湖のほうまでいった2人と合流し、

立川北口から徒歩10分ぐらいの
銭湯(梅の湯)にいって、
一日の疲れを癒しました。

梅の湯の位置↓

アクセス

Step1 立川-青梅線奥多摩行き-御岳下車
Step2 御岳駅-西東京バス-滝本下車
Step3 滝本-ケーブルカー-御岳山
Step4 御岳山-徒歩30分で御岳神社
Step5 神社を左に進み、道を歩く

(西東京バス 片道8分 270円 & 御岳登山鉄道 片道6分 570円)

スポンサードリンク


滝色へ戻る