水見色 不動の滝

スポンサードリンク


水見色地区の滝
—【静岡県 静岡市 葵区 水見色(大原)】—

滝の記録

訪問日 2017年11月4日
活動の形態:お手軽滝 / 車
装備:ランシュー
感動度:まあまあ

①コラボ

今回は「いせさん」との活動。

いせさんは、訪れた滝数、
2000本以上の名滝会(*)
のプレイヤーであり、
今回が初のジョイント。

早朝に綾瀬で集合し、
首都高を抜けて東名で静岡へ。

事前の打ち合わせで決まっていたのは、
「福養の滝」1本。

福養を中心に、
限られた時間の中で、
如何に1日の戦略を立てるか?

そのプランのすり合わせと、
ばちばち感が楽しい。

藁科川の下流側の支流から見ていき、
福養に至る見立ては同じで、
あとは事前リサーチの精度と、
どこを選択するか。

いせさんが病み上がりであったので、
お手軽滝に限定した滝選択となる。

②水見色へ

最初に向かうことにしたのが、
名前に惹かれる水見色川流域。

途中にある「雨水の滝」は、
わずかに水が流れていた。

絵が描かれた分岐を左に進む。

これは水見色の中でも西ノ谷地区方面で、
そういう名前の谷名なんだと推測。

最終的に家々の間の凄い傾斜の坂を、
登っていくと駐車スペースに行き着く。

③三本滝

遊歩道がしっかりと
滝まで導いてくれます。

水見色 不動の滝!(2段10m)

人工物が景観を損ねていた。

この辺りは崩壊が激しそうです。
(地質は2200万~4000万年前の付加帯)

左岸側には出合から緩くナメが続き、

登ると3段40m程度の
大きな流れが視認できた。

規模感は十分だが、
谷筋は荒れていて必見ではないです。

右岸側にも、緩い流れがあり、
こちらは登っていくと、
8mトイ状の滝が存在する。

真正面だと流れが確認しづらいが、

横から登り上から見下ろすと、
いい感じの流れであった。

不動滝を中心に、
ほぼ同じ場所に3本の流れが合わさる、
水見色の三本滝
を味わえるフィールドでした。

④その他 ~地区として~

水見色は西ノ谷方面より上流に、
蛍の群生地があるらしく、マップを見ると、
名前のついた「石」も多いです。

水見色きらく市という施設があり、
地域のご飯が楽しめるようです。
きらく市

この後は、黒俣川支流の
見返りの滝に向かいました。
(続きは 精進樽の滝)

(*名滝会はまだ存在していません)

アクセス

車の場合:
Step1 藁科川に沿ってR362を北上
Step2 水見色地区へ
Step3 絵のある看板で分岐を左に
Step4 滝を目指す。

スポンサードリンク


滝色へ戻る