夢幻滝

不動滝と夢幻滝
—【三重県 多気郡 大台町 滝谷】—

スポンサードリンク

コメント

滝オフでの激動の2日間を乗り越えた翌日。
この日の予報は雨であったので、
多少降っても楽しめる滝を探してました。
(大台町滝谷の位置↓↓)

滝の記録

訪問日 2015年5月4日
活動の形態:中~上級滝巡り(ヒル注意)
感動度:かなり~限りなく

①大熊谷東俣谷

おすすめされた東俣谷は、
宮川支流大熊谷の支流にあたります。

ちょうど前日の、
布引谷と「迷岳」を挟んで、
反対側のエリアになっています。

林道沿いに車を進めると、
対岸に明らかに登山道っぽい
木製の階段があります。

駐車スペースはこれをこえて
しばらく行ったとこです。

②不動滝へ

目指す大きな滝は2本で、
一本目が「不動滝」になります。

不動滝までには、
主に2本の滝があります。

【くの字滝】

【不動滝前衛 2段30m滝(越折滝)】

これらは両方左から越えていきます。

③東俣谷不動滝

適度なアウトドアをこなしていくと、
眼前に巨大な滝がまいこんできます。

大きさとしては2段50~60m
なかなかの滝でした。

滝の前は非常に荒れています。

この谷には普通にヒルがいます。
ヤマビルファイターで対応しました。

④高巻き

不動滝の巻きはアドバイス通り、
右から(左岸から)進んでいきました。

すると・・・

この黒いビニールロープが手がかりです。
ここにつくまでの傾斜はちょっときつめです。

⑤最終ルート

その後ルートは、
岩沿いのロープ突破などがあり、
楽しませてくれます。

夢幻滝が見えてからは沢沿いを猛進!

自然と左岸に誘われ、
越えて行きましたが相当急傾斜。

滝前へのトラバースが危険だったので、
お助け紐を出してなんとかクリアしました。

⑥夢幻滝

真正面下から仰ぐのもよし。
左岸から砂と合わせて見るのもよし。

不動滝とは違って滝前は穏やかです。

固定ロープは右岸にありました。

沢を直進する前に
右岸沿いに進むことで

最後危険が少なく滝壺に行けたようです。

個人的に大満足の滝でした

やっぱり滝は規模感以上に、
滝前の空間の居心地の良さ、美しさが
大切なポイントだなあと再度実感です。

滝直下にはお花も咲いてました。

⑦その後

行きよりも帰りで迷いました。

岩沿いを登ってきたロープが見えづらく、
そこを通ってきたように見えなかったことで、
無駄にルート探索してしまいました。

要所要所でやや難所がありますが、
多少経験があれば
気軽に楽しめる場所になっています。

この後レンガ滝は車が通れず、
滝頭不動滝へ向かいました。

アクセス

Step1 大熊谷沿いの林道へ入る
Step2 木製の梯子が対岸にかかる場所の先へ
Step3 駐車後にアプローチ開始
Step4 不動滝の高巻きは左岸

スポンサードリンク


滝色へ戻る