鍋ヶ滝

鍋ヶ滝
—【熊本県 阿蘇郡 小国町 黒渕】—

スポンサードリンク

コメント

僕が当時訪れたのは早朝。
九州大遠征の5日目です。

最近では入場制限が
設けられてしまったそうです。

平成2015年4月1日(水)より
高校生以上200円,小中学生100円
9時~17時(最終入園16時)
以前は1日中無料で滝に行けました。

滝の記録 〜絵に描いたような裏見〜

訪問日 2013年9月23日
活動の形態:お手軽 / レンタカー
感動度:けっこう

①最終日

九州最終日は鍋ヶ滝からスタートです。
(菊池渓谷の続きです。)

これは裏見の滝としては
日本トップクラスに有名で、

実際、多くの方が訪れます。

しかし、早朝のアプローチということで
人は少ないはず。

②鍋ヶ滝

道は整備されすぎているくらいです。

滝にはすでに撮影している方がいました。

時計回りに滝を見ていきましたが、
下の角度は端正な姿で美しかったです。

裏見

撮影している方がいましたが、
とはいえ権利は平等にあるので、

接近して滝の裏側に行ってみました。

掛谷の竜頭ヶ滝壇鏡の男滝
あるいは棚下不動の滝などの裏見滝の中で、

地面がほとんど平坦で一周できるのは
この鍋ヶ滝だけで、

非常に不思議な空間でした。

朝のひんやりした空気の中
この滝に触れられてとても良かったです。

この後は移動して、
佐賀県の清水の滝に行きました。

アクセス

近くに鉄道の駅はなく、
車でのアクセスが基本になります。

スポンサードリンク


滝色へ戻る