那智の滝

那智大滝
—【和歌山県 東牟婁郡 那智勝浦町 那智山】—

スポンサードリンク

コメント

那智の滝は滝界の聖域です。

一段の滝として日本一の落差を誇り、
その人を寄せ付けがたい風格から
飛瀧神社の御神体となっています。

先日訪問した際には
物凄い豪瀑になってました。

滝の記録

訪問日 2013年5月16日&2014年6月5日
活動の形態:お手軽/レンタカー
感動度:限りなく

【1度目 2013年】

①日本一の直瀑

公称落差は133mです。

観光協会のHPだと、
高さと水量がともに日本一だと記載がありますが、
水量に関しては誤っている可能性が高いです。
(水量一位と言われているのは三条の滝)

近くの桑の木の滝を訪れた後の夕方に、
この滝に向かいました。

②那智の滝まで

まず滝は道路からも見えます。

そこでその大きさに
あっけにとられながらも車を停め、
飛瀧神社の鳥居をくぐります。

石の階段を2分で降りると
滝が見えてきます。

2011年の台風で
建物や道が大きな被害を受けたようで、
大規模な工事が行われてました。

階段を下りたところからの
遠望となりました。

③御神体

那智の滝は長い間、
信仰の対象とされてきていて、
単なる観光スポットではなく、
宗教的な滝
になっています。

そのため滝のアウトドア的な要素は
限りなく制限されます。

例え純粋な心を持っていたとしても
近づいて飛沫をあびることは犯罪
となってしまいます。

④神の滝

よってこの滝は遠くから眺めます。

落差133mと、
飛びぬけた規模を誇る滝であり、

感動して非常に厳かな雰囲気を感じました。

華厳の滝もそうですが、
落差が大きな直瀑は

竜を描くかのように
落ちていくのがとてもよいです。

この日の滝めぐりはここで終わり、
次の日は白浜町の八草の滝からです。

【2度目 2014年】

①爆発

ハリオの滝の翌日に再訪しました。

前日からの雨で
とてつもない水量となっており、
那智の滝に対する見方が変わりました。

やはり凄い滝です。

後ろの岩の割れ目が見える
前回の流れも良かったですが、
この勢いには度肝を抜かれました。

この後は清滝です。

②その他

滝の上の締め縄は
7月と12月に張替えが行われます。

年越しにかけて滝はライトアップ
されることがあるようです。
どうやらライトアップは、
神への冒涜にならないようです

アクセス

Step1 那智大滝・飛瀧神社を目指す
Step2 車を停めて石の階段を下りれば滝

徒歩の場合:
那智駅から約1時間50分(7.7km)の道のり


滝色へ戻る