那須 井戸沢の滝

苦土川 湯川 井戸沢
—【栃木県 那須塩原市 板室】—

スポンサードリンク

コメント

那珂川の源流域へ・・・

矢納谷以来のコラボとなる友人と、
快適と噂を聞く井戸沢に行ってきました。

三斗小屋跡の位置↓↓

滝の記録

訪問日 2016年10月22日
活動の形態:沢登り(2名)
装備:沢タビ, 8mm30m×1
感動度(18m):まあまあ~けっこう

①深山湖の北

栃木県を流れる水系は2本。

鬼怒川と渡良瀬川は利根川水系であり、
奥鬼怒・奥日光・足尾山塊がエリアです。

もう一方の那珂川水系は
那須・男鹿山塊が中心となり、
その中でも源流の井戸沢を今回はチョイス。

深山(みやま)湖の北で那珂川は、
苦土川・湯川と呼称を変え、
井戸沢はその支流になります。

ゲートで車を停めて歩行。
途中三斗小屋宿跡があります。

②F1超え

林道の終点から分岐を左に進むと、
堰堤が現れました。

ここが井戸沢です。
沢装備をして遡行開始。

堰堤のような滝

すぐに11mほどのF1に着きます。

ここがこの沢唯一の難所であり、
右から登っていきますが、
上部がやや悪いです。

残置スリングはぐらつくので、
ザイルを掴んで突破。
(こんな感じ↓)

友人も特に問題なく突破し、
ザイルは使いませんでした。

③秋色の沢

2段7m滝

小滝を越えていくと、
形の良い12mほどの分岐瀑が・・・

今までの滝巡りでも
見たことないような鮮やかな赤
が混じっていました。

右にルートがあります。

続くは7m直瀑。

これは登れないので
左から小さく巻きます。

ワイドな滝が続きます。

下から見ると凡庸ですが、
中に入ると居心地の良い滝でした。

18m滝

そしてあっと言う間に
この沢一番の18m滝に到達。

多少は大きさがある点と、
紅葉の組み合わせが嬉しかったです。

ここは友人先行。
あまり大胆に水流を攻めすぎると危険でした。

ザイルは必要なく、続きました。
落ち口↓↓

④詰めへ

3段9m滝

5m 壁のような滝

ここを過ぎると滝は減って、
水量もかなり減っていきます。

美しい谷

源頭部に近づいていくと・・・

両側に笹が広がっていきます。

15m段瀑(最後の滝)

さらに先へ。

振り返る山々・・・

かなり源頭部

一瞬の笹薮地帯へ

詰め上げる直前に、
噴煙を上げ続ける山を見てビビりました。

これは茶臼岳で、
いつも煙が上がってるようです。

⑤稜線にて

糸守を思わせるような池に感動
(沼津原調整池)

稜線をゆく・・・

反対の福島側の紅葉は、
栃木側よりもずっと綺麗でびっくり
しました。

稜線を東にけっこう進めば、
阿武隈川源流の南
になっている位置関係です。

この後流石山の山頂を踏んで
大峠、峠沢沿いの登山道を経て戻りました。

⑥事故とまとめ

全てが順調に終わるかと思った活動も
わずかなダートで底をこすってしまい、
レンタカーの前の下が大破・・・

深山湖にて警察を呼んで事故処理を完了し、
ちゃんと手続きを踏んだら、
ノンオペチャージ+手数料のみで済みました。

一番手厚い保険に入っていたこと、
確実に手続きを踏んだこと、
また2人での活動だったことで救われました。

初めての地域で、
快適に滝も登れ、紅葉も綺麗でしたが、
難易度・所要時間は少し拍子抜けで、
滝単独でもパンチに欠けました

その分、稜線に出てからの、
眺望は素晴らしかったですが・・・

滝屋があえて
行くところではないかもしれません。

友人Kとの今年の活動を締めに行った、
お酒と沖縄料理は超美味でした。

アクセス

Step1 深山湖の北へ
Step2 湯川沿いに進みゲートまで
Step3 林道を歩く(途中に宿跡)
Step4 分岐を左に行き堰堤上から進む

スポンサードリンク