濃溝の滝

濃溝の滝
—【千葉県 君津市 鍋石】—

スポンサードリンク

滝の記録

訪問日 2016年1月11日
活動の形態:お手軽/レンタカー
感動度:まあまあ~けっこう

①濃溝の滝へ

昨年インスタで話題になった一本、
千葉県君津市にある人工の滝への訪瀑です。

沢歩き+話題の一本を見に冬の房総へ。

前日夜発で車中泊で朝を迎えましたが、
外気は0度で相当に寒かったです

濃溝の滝は
四方木不動滝と同じ
小櫃川流域の笹川に掛かります。

蛇行した河川をショートカットさせるために
人工的に作られた洞窟内にある、
歴史ある人工滝です。

道路沿いには特に案内はなく、
清水渓流公園という所に行って
そこから歩きます。

↓↓↓

②現場

トンネルの高さが予想以上に有り、
それなりにいい雰囲気を醸し出していて、
なかなか良かったです。

奥に見える護岸の跡はご愛嬌ですが、
滝場に慣れている人(ここ注意)は、
左右のどちらからでも滝に接近できます。

滝に向かって左から↓

向かって右から↓

③思うこと

濃溝の滝は先入観なしに見ると、
なかなか良い空間です。

しかし、
・人工の滝であること
・有名になって人が来すぎること

以上2点が心にひっかかります。

この滝は「秘境」と
呼ばれることがありますが、
都会ではないものの、秘境でもないです。

また、日本を代表する滝
同列で並べられることがあるとするなら、
違う気がします。

景観に溶け込んでいて、
滝好きとしてはまあまあ+α。
タイミングがあえば感動する可能性も
というのが、結論です。

この後は、湊川の梨沢に行きました。

④光の差込み

君津市の観光協会のHPによれば
3~4月、9~10月の午前中(早朝)
光の差込みが観れる確率が上がるそうです。
君津市観光協会

アクセス

Step1 君津市の清水渓流公園へ
Step2 水場ある道を進む

季節限定 無料シャトルバス
2016年の7~10月の土日祝日+お盆期間に
片倉ダム記念館前からバスが出てました。
(車利用者で清水渓流広場に
停められない状況時にこっちに停めてバス)


滝色へ戻る