大ヘンジョウ滝

大ヘンジョウ滝
―【岩手県 花巻市 豊沢】―

スポンサードリンク

滝の記録

訪問日 2015年8月27日
活動の形態:中級滝巡り / レンタカー
感動度:けっこう

①謎に満ちた滝へ

ネット上での記録を今調べてみたら4件。
そのうち2002年(13年前の)
やっちゃん日記さんと
2009年のぱぴ44さんの
記録は見てなかったので、

実質酔いどれさんの(2004,2005,2007年)、
ゆーしさんの岩手の滝(年不明)の2件でした。

しかし、以前は車でも近くに行けたが、
廃道になってきたので林道歩きが強いられる

という情報しかわかりませんでした。

②サファリパーク

真昼大滝を終えて、
北に進んで西和賀から花巻市へ。

豊沢ダム付近で細い林道に入って、
分岐を右(南)へ。出羽沢林道です。

しかしこの道、ダートであり、
草木をかき分けながらの運転。
こんな所に来てしまって大丈夫なのか、
そんな不安でいっぱいのサファリパーク。

小さな丘を超えたりしたら、
明らかに先に進めない場所まで到達。

近くには木々に覆われて
消えかかった大ヘンジョウ沢林道の案内板が。

真の廃道に来てしまったようです。

③廃道をゆく

ここからは大ヘンジョウ沢林道を
歩いて行くんですが、

道は想像を絶する悲惨さで
ジャングル化していました。

下は中でもマシだった一部の場所

そんな道を20分ほど歩きました。

その辺りで前方は終わりなきジャングルが続き、
左の川沿いに微かなルートを見つけたので
もう林道を降りて、
沢沿いに攻めることにしました。

④暗闇に包まれた道へ進む一步

ここで問題なのは
降りた場所がちょうど二俣ということ。

しかしちゃんとコンパスを持っており、
大ヘンジョウ沢が北に伸びる
ということを知っていたので、
北に伸びる右俣を選択して沢登り開始。

普通の沢登りで大きな滝はなく、
進んでいくのに問題はありません。

しかしなかなか滝は見えません。

近くの滝仲間の中で
訪れている方がいるかは不明で、
林道を進む正規の道も崩壊しています。

本当にこの先に目指す滝があるのか?
という恐怖と闘いながらの一步。

かつ午後4時過ぎで日没が早い北東北。
進めば進むほど帰りの長さも長くなるわけで、
遭難リスクも上昇します。

16時20分を過ぎたら引き返そう、
と時間を決めて登り続けますが、
無情にも迫るタイムリミット。

⑤見えた

最後は無の境地に至りながら
16時20分をやや過ぎた瞬間、、、

1~2mの釜を持つ小滝の前で
ひと目で大滝とわかる滝の存在を視認

思わず叫びました。
難関滝に辿りついてもある意味
レポがあるのだから、先人がいるのだから、
予定調和の範疇といえば範疇。

けれど、たどり着けるかつけないか
というよくわからない領域を
攻めた先の到達というのはとても嬉しい。

この先は前衛の小滝群が形成されていて、
さらには滑床が何かの映画祭の授賞式の
カーペットのように、

さあどうぞと、よく来ましたと
そんな道を作ってくれていました。

そして

⑥滝は生きる

大ヘンジョウ滝は写真で見ていたよりも、
水量は少なく、滝前もかなり荒れている感じ。

落差は低めに見て35m
ひょっとしたら50m。

滝単独で見たらけして
最高の状態ではないけれども、

岩手宮城内陸地震(2008)、
東日本大震災(2011)といった
震災を経てもなお残っていた秘瀑

緑と水量豊かな6月頃に
またいつか来れたらと思います。

先人の記録で存在を
知れたからこその訪瀑です。
ありがとうございました。

この日はここまでで,
翌日は七折の滝からスタートです。

アクセス 車推奨

Step1 花巻市豊沢の出羽沢林道へ
Step2 サファリパークを進む
Step3 下車後 林道突破20分強
Step4 方角を間違えず沢登り40分強

公共交通機関では困難です。

スポンサードリンク


滝色へ戻る