大常木谷の滝

五間の滝 千苦の滝
—【山梨県 甲州市 塩山一之瀬 高橋】—

スポンサードリンク

コメント

中央道で西へ向かう最中、
2年前に話したことのある知人が
沢で命を落としたことを伝え聞く。

悲しみと恐れを胸に、
この谷へ、足どりを進めた。

滝の記録

訪問日 2016年6月4日
活動の形態:沢登り(2名)
装備:沢タビ, 8m20m
感動度(千苦):けっこう

①出合へ

大常木谷は、
昨年訪れた竜喰谷の隣の谷で、
アプローチ拠点も同じ林道沿いになります。

下降地点隣の駐車スペースにつけます。
急な尾根を下っていくと、
竜喰谷よりも下流地点の一之瀬川に。

ここからは本流を20分程度下ります。

しばらくすると左手に谷が合わさります。

②引き締まる谷

最初の滝は5mのナメ滝。

真正面から眺めるには腰まで浸かります。

ここは右壁を登って先へ。

この先、谷は素晴らしい狭まり方を見せ、
そこに身を奥だけで気が引き締まりました。

ここを過ぎると、次の滝が。

五間の滝 8m】

小さな滝ではあるんですが、
周囲の雰囲気が素晴らしく良く
僕はこの谷で一番好きな空間です。

先へ進むのに右側から淵をわたって、
滝を直登するんですが、難しくはなく、
それも含めて印象深かったです。

③谷の主

しばらく進むとついに、
落差25mの千苦の滝が姿を現します。

近づくとやけに小さく見えます。
ここで少し休憩しました。

滝壺周辺の縮こまった感じは
エネルギーが凝縮されている感
がしました。

千苦の滝は左岸を高巻きします。
高巻き最中の千苦の滝は
上段含めて見応えがあり、
一番好印象でした。

撮影的には光が逆で、
ぱっとしませんでした。

死亡事故が起きている
という高巻きルートでしたが、
今回はフィックスロープが十分にあり、
やや緊張する程度で抜けられました。

④泳ぎデビュー

この谷には泳ぎの箇所があって、
それが山女魚淵です。

左にロープもありましたが、
かなり急な崖で、基本的には泳ぎます。

意を決して僕も続きましたが、
あわあわしてしまって、また、
微妙にぎりぎり足がついたりで
泳ぎ練習としては微妙でした笑。

別の沢でもっと鍛えようと思います。

この後もしばらくはゴルジュ帯が続きますが、
泳がなくても突破できます。まずは下の滝。

そしてへつりを要する箇所。

このへつりがこの谷で最難でした

最後は早川淵

ここは左から越えました。

⑤不動滝を経て

後は大きめの滝は不動滝のみです。

緑色の淵を越えていき、
チョックストーンの滝の先に進むと、
モミジ沢の10m滝がありました。
(下は3mCS)

そして不動滝

上下合わせて12mほどあり、
なかなか立派です。

下段は右壁を登り、
上段は左から巻きました。

しばらく小滝はありますが、
徐々にゴーロ帯に突入し、
気づけば終了点に。

これは日帰りコースで、
もっと上まで詰める方法もあります。

⑥竜喰へ。そして下降

大常木林道を50分ほど西へ進むと、
コルに到達します。

途中の立派な木↓↓

竜喰谷へ下降する場合はもう少し進み、
支流の下駄小屋沢を下降します。

最後のほうで3段10m滝、
さらに竜喰谷に出合う2段10m滝を下降すると
そこは去年右を登った曲り滝が!

去年の写真を見返したら水量はほぼ同じで、
平水かやや水は少なめでしょうか。

弥惣小屋ノ滝のところでだけ
懸垂下降で下へ。

あとはしばらくで一之瀬川。

出合滝は砂浜状で美しいです。

少し戻って渡渉して、
少し崖を登ったらもう林道が。

後は左側へ20分ほど(?)
歩いたら駐車スペースでした。

⑦まとめ

大常木谷は水量が多くなかったことも有り、
とりわけ難しい箇所はありませんでした。

登攀グレードはIII-〜IIIぐらいで、
今回のコースなら十分日帰りできます。
(あくまでこのぐらいの水量なら)

五間の滝周辺の美しさは
他にはあまりない要素があり、
竜喰谷を下降したことで少し
繋がった感じ」を味わえました。

滝をベースにした沢登りは
沢のチョイスが非常に大切かつ難しいです。

自分は何ができて何は苦手なのか、
どこまでならできるのか?
そうした技術的な側面で細かく自分を知って、
またひとつ先へ。

丁寧にそれを繰り返していきたいです。

アクセス

Step1 甲州市塩山一之瀬へ
Step2 出合より北側に駐車
Step3 本流へ下降
Step4 出合まで下降し大常木谷へ


滝色へ戻る