龍門峡 落合3つの滝

落合3つの滝
—【山梨県 甲州市 大和町 初鹿野】—

スポンサードリンク

滝の記録 〜川に転落〜

訪問日 2012年11月19日
活動の形態:ハイキング+α / レンタカー
感動度:まあまあ

①日川渓谷 竜門峡

この落合3つの滝は、
甲州市旧大和村のエリアにある、
龍門峡にあります。

七ツ釜五段の滝を見た後に訪れました。

この渓谷の主瀑の滝、龍門の滝は、
普通に遊歩道を歩いていても、
真正面から見ることができず、

どこかの地点から川を沢登りして、
真正面へ行く必要があるようです。

二つの川の流れが1つになるところで、
雄滝と雌滝となって落ちているようです。

雄滝の裏から、雌滝の横から、
ギリギリみることができました。

龍門峡入口からこの地点まで
徒歩15分くらいです。

②落合3つの滝へ

入口の看板に落合3つの滝
という滝もあると書いてあったので、
その滝まで行ってみることにしました。

そこから25分程度歩いたところ、
それらしい場所にでました。

しかし、滝に接近してみるための
丸太橋が消滅していて
謎のロープが掛けられていました。

ロープの長さ(川幅は4〜5m)で、
普通に膝から腰ぐらいまでの水量がありました。

③ターザンのように

ロープにしがみついて、
むこうへ行けるだろうと思って、
荷物をおいて、ロープにしがみついた瞬間、

あっという間に水中落下

頭まで水につかりながら、
必死に向こう岸へ行きました。

ロープが細すぎて、握力がほとんど
ロープに伝わらなかったのが敗因です。

④落合3つの滝

そして、
そのまま備え付けの階段を登ったら、
滝の上段部が見えました。

「3つの滝」とは、
3つの別々の滝があるのではなく、
3段の滝ということでした。

滝行の後に滝を見るような気もし、
不思議な、すがすがしい気持ちで滝を見れました。

この後川が浅いところを戻って帰りました。

(下の写真は、戻る時のようす)

寒い滝めぐりが終わり、
東京方面へ帰路につきました。

アクセス

Step1 龍門峡を目指す
Step2 遊歩道を40分ほど進む
Step3 滝を示す看板を見つける
Step4 川を突破

徒歩の場合:
中央本線甲斐大和駅から駐車場まで
徒歩49分前後(3.3km)の道のり。

スポンサードリンク


滝色へ戻る