大柄の滝

大柄の滝 (男滝)
—【秋田県 能代市 常盤】—

スポンサードリンク

滝の記録 〜鮮やかで奇抜〜

訪問日 2013年6月22日
活動の形態:ハイキング / レンタカー
感動度:けっこう

①第2回秋田青森遠征

2泊3日で秋田青森を見てきました。
起点は秋田駅です。

前回は9月でしたが今回は6月です。

最初がこの大柄の滝で、
駅から約80kmを100分前後で到達しました。
滝直前が少しダートになっています。

②空間○

看板によれば、
菅江真澄が訪れたらしいです。
実際に滝も目にしたとのこと。
(秋田県企画振興部のHP)

この階段を下るとすぐ滝が見えます。

裏見系の滝であり、
周辺の空間とセットで滝を味わえます。

ドームの内側の観客席的な位置で
大柄の滝を満喫しました。

滝の後ろの黒い岩がU字状になっていて、
その向こう側の緑とのコントラストが抜群でした。

岩の色もよかったです。

水量は雪解けの時期に多くなるようです。

特徴がある滝で一見に値します。

ちなみに女滝は
駐車スペース横から少し見えます。

この後は、「青池」に行きました。

(その後→くろくまの滝)

アクセス

能代市の常盤(ときわ)へ

奥羽本線「富根駅」から
徒歩約3時間(14.2km)の道のり。

スポンサードリンク


滝色へ戻る