桶側の滝

桶側の滝
—【奈良県 五條市 大塔村 篠原】—

スポンサードリンク

コメント

小規模な空間ながら、
その地場の強さは凄いものがありました。
奈良県の秘瀑です。

七面山の北西に地獄谷は流れています。

滝の記録

訪問日 2015年9月19日
活動の形態:中~上級滝巡り/レンタカー
感動度:限りなく

ヒウラ谷の出合よりも
さらに林道を進むと終点となります。

そこを流れるは舟の川の上流、
地獄谷と呼ばれる谷になります。

上流部はイブキ嵓谷と呼ばれ、
大峰山脈随一の険谷として
滝人の侵入を一切拒んでいます。

迷い滝の後、そこまでは簡単に行ける
という桶側の滝まで、
行ってみることにしました。

①地獄谷の下流部

水は恐ろしく澄んでいて綺麗。
左岸からも右岸からもいくつかの滝が
流れ込んでくる中、

底が減ってきたフェルトが粘れず
一回へつりで川に落っこちました。

こんな綺麗な瀞があって、
その先にはアメ止滝があります。

右岸が異様な姿をしていました。

ここは左岸を巻いて、
そこからが意外と悪かったです。

大岩がいくつもあるので、
腕力勝負で登ったりします。
苦戦しました。

日没が近づきつつあって焦ります。
足を前に進ませました。

②これぞ異次元空間

しかし、
見えてきた滝はあまりにも衝撃でした。

柱として厚みを持った水煙
中段に叩きこまれてきますが、その前には
巨大な岩が横たわり、
瀑水はサイドにスライド。

ほとんどは後ろを通って、
横下の神秘的な穴から流れ出てきます。

この穴の向こう側には
エメラルドグリーンの世界が広がっていて、
滝前に大きく広がっている空洞
その前の小石状のエリアはどれも、

「素晴らしい空間」
という言葉では到底形容しきれない
異次元のパワースポットでした。

どれか1つでもあれば
大好きな滝に成り得るような要素を
桶側の滝は同時に3つも4つも
持ち合わせているよう
であり、
非常にエネルギーが高かったです。

滝の規模が「普通」である
ことなどまったく気になりませんでした。

③明日へ

時間が遅くなりすぎて、
脱出は冷や汗ものでした。

一箇所、岩下りで足が届かないところがあり、
10分以上ルートを模索して意を決してジャンプ。

アメ止滝の高巻きの途中で完全に日没。

そこからは暗闇の沢をヘッドライトで
ひたひたと戻りましたが、
やっぱり日没の沢は良くないです。

そこからは町まで戻り、
翌日の双門の滝に備えました。

アクセス

Step1 五條市大塔町篠原集落へ
Step2 さらに道を進む
Step3 ヒウラ谷出合を過ぎる
Step4 終点から沢登り
(やや難所も有り易しくはないです)

スポンサードリンク