雨乞滝

翁川 雨乞滝
—【静岡県 浜松市 天竜区 水窪町 奥領家】—

スポンサードリンク

近くの射撃技術訓練センター↓↓
西北の沢が瀬戸之沢です。

滝の記録

訪問日 2015年6月28日
活動の形態:中級滝巡り/レンタカー
感動度:けっこう~かなり

①調査兵団

この日はいちご会の活動で、
成瀬陽一氏ゆかりの滝に関しての
偵察的な活動になりました。

あっきーさんの言葉をお借りするならば、
成瀬氏が我々に残した課題を解き明かす活動
ということになります。

②天竜川流域

天竜川は日本9位の長さを誇る大河川であり、
長野県内では右岸から
姿見不動滝や七人滝の流れを加えた後、

愛知県内ではボンクラ沢を受けて、
さらに蔦の渕がかかる大千瀬川合流後、
静岡県内に入り、ぶつかるのが水窪川。

その水窪川を上流に遡ると、
支流の翁川があり、
そのさらに支流の滝めぐりです。

③瀬戸之沢へ

集合は天竜相津花桃の里で、
そこから水窪町へ約40Km。
さらに2台にまとまって翁川へ。

水窪町の近くには飯田線の
とんでもない秘境駅があるみたいで、
次回は訪れてみたいです。

今回は滝の引力のイチローさんとも
初めてお会いすることができて
嬉しかったです。

瀬戸之沢は成瀬氏の発表で、
雨乞滝があると思われる場所であり、
細い道に入って行くと
広い駐車スペースにぶつかります。

④ガレた谷

瀬戸之沢は堰堤の左岸巻きからスタート。
ここは傾斜がきつめで危険でした。

その後は堰堤が5個くらい連続。

進めば進むほど
最近出来た堰堤になります。

その先にはガレた谷が。。。

水量の少なさからも、
堰堤に潰されたのでは?
ガレた谷に埋もれてしまったのでは?
と不安になってきます。

ガレた谷には終わりがあって、
少し沢っぽくなるのでちょっと安心しました。

5mの滝を発見。

この沢唯一の滝かもしれないので、
しばし写真撮影を。。

左岸から簡単に越えていきます。

⑤三段の滝

その先にはそれなりの落差をもった
三段の滝が現れました。

【瀬戸之沢 三段の滝 下段】

右岸から巻き気味に上流へ。

【瀬戸之沢 三段の滝 中段】

【瀬戸之沢 三段の滝 上段】

水量少なめの細い滝でしたが、
意外と落差があり、まあまあ良かったです。

その先は地形図的にも
雨乞滝がある絶望度は増していき、
三段の滝の少し上で
撤退することになりました。

⑥滝はいづこに?

最初から行き詰まってしまいましたが、
とりあえず瀬戸之沢には現状ないことは確認。

可能性は以下の3つに絞られました。

A 瀬戸之沢にあったが、ガレ場が崩れて消滅
B 写真の水量的に支流合流後の下流にある
C 瀬戸之沢ではない近くで翁川に流入する支流

とりあえず存在を信じて、
Bが有力と考えて渡辺さん号で
坂を下って行きました。

⑦突破口は意外な所に

明らかに水量が少ない支流の橋にて
後部座席でぼけっと外を見ていたら、
地図もある看板に「雨乞沢
という文字があるのに気づいてしまいました笑

目指してる滝の名前的にも、
ここが目的地である確率は
ほぼ100%に急上昇。

あっきーさん号にもお伝えして
アプローチを開始します。

⑧小滝のその先に

倒木もある5m滝は
右岸に残置ロープがあり簡単に通過

20分もかからずついてしまいました。

翁川の雨乞滝

雨乞沢出合いが
あまりに貧相だったので
心配でしたが、少ないながら優しげで見事。

美瀑度は高いです。

音が清らかで流れも美しく癒し系でした。
無事到達できて良かったです。

雨乞滝を十分堪能した後、
ツゴノ沢へ向かいました。

アクセス

Step1 天竜区水窪町へ
Step2 瀬戸之沢本流はトラップ
Step3 右岸支流へ
Step4 小滝を越えて進む

スポンサードリンク


滝色へ戻る