奥ノ深谷の滝

スポンサードリンク


奥ノ深谷の滝
—【滋賀県 大津市 葛川坊村町】—

滝の記録 ~美瀑が続いていく~

訪問日 2018年4月28日
活動の形態:2級下沢登り (単独) / レンタ
装備:8mm×30mm, 沢タビ
感動度:かなり(2段25m滝)

①継続遡行

明王谷の下流部が予想以上に内容が濃く、
「時間がかかった+満足した」状況。

「このまま引き上げて、
お手軽滝を見ながら翌日の大台へ移動する」
というプランも頭をよぎりました。

ただ、時間的に遡行時間の短い
奥の深谷の方であれば、十分
遡行可能そうだったので、継続を選択。

白滝沢橋のところまで進んで入渓しました。

②滝が次々

小滝がいくつか続いた後、
7mの滝が。

左から越えて、次に顕著なのは
4mで岩溝の奥にかかっている滝。

そして2段8m滝。

この辺りがすごいのは、
地層の混在を露骨に示す岩が、
あちこちに散在していることです。

そして、この滝は通常、
流れてないはずの右側に流れていて2条の状態。

登れるはずの右側が登れないので、
左岸高巻きになりますが、
高さを稼ぐまでの登りが悪かったです。。
神経を使いました。

③4段の大滝

そしたら4段40m大滝。

ついたところからだと、
2段20m分しか見えていません。

そして2段目。

ここは迫力ありです。

さらに2段目上部と逆くの字の3段目。

3段目の上部前には、
岩場を右から登って着きましたが、
水量が多く登れないので、
降りてから左岸を巻きました。

そしたら最後の4段目が、
斜瀑として加わっていて、
かなり捉えにくい4段滝でした。

④中盤

10m滝は緩い傾斜ながら、
角の奥まったところを落ちて、
なかなかの佇まいでした。

これを巻いたので、
次の7m滝は上からの撮影だけ。

2段4m滝をすぎたら、
3段12m滝。

これは3段としてもいいですが、
一番上の8m滝が単体でも美瀑です。

巻きルートを探さず強引に、
岩に描かれた矢印に直上したら、
これまた微妙なルートでした。

スポンサードリンク


⑤2段の滝

続く大きなところは、
下段がヒョングリを含めた
11mほどのスライダー滝で、
光が当たって、かなり綺麗。

釜が深すぎて全く近づけないので、
右岸巻きとなるが、上部の滝と連続性が高い。

上の滝は中部の岩が抉れていて、
独特の景観でこれまた凄い。

普通の沢屋なら絶対に降りないけれど、
あえて、懸垂下降で中間地点に降り立つ。

そしたら、以外にも上段は寝てしまって、
独特さがわかりにくくなってしまいます。

逆に下段のスライダーは、
挟まれた側壁を含めて、
見事な景観となっていて、
降りて良い場所でした。
(この場所に残置ハーケンあり)

懸垂地点まで登って、
ルートを探すと、大巻きせずに、
落ち口に向かうわずかなルートを発見。

最初の傾斜がいやらしく、
問題だったが、そこさえ越えれば快適で、
時間短縮になる爽やかなトラバースでした。

⑥廊下と最後

その後、少しだけ廊下が続いて、
4m滝と3m滝は確認。
(いずれも右岸から巻きながら通過)

美しいところ

いよいよ穏やかになり、
7m滝だけ最後に出現。

これは下の滝から、
合わせて左岸巻きだったので、
これも上から見下ろす撮影止まりに。

突如、登山道が横切って終了。

左岸の踏み跡を辿りに
「牛コバ」という場所まで引き返して、
あとは林道を戻るだけでした。

⑦まとめ

明王谷下部から続けてしまうと、
三脚撮影をしないで、
ぱっぱぱっぱと進まないと、
奥ノ深・口ノ深の遡下降は厳しそうです。

今回は遠征の初日でもあったため、
これでも充実しすぎるほどの活動。

奥ノ深に入ってからは、
クライミングで難しいところはないものの、
いちいち、高巻きが「悪め」でした。

そういったことも含めて、
関西起点沢登りルート100では
「2級」に設定されているんだと思います。

2級下に感じたのは、
自身のレベルUPだと嬉しいですが、謎です。

全体的に美瀑が多く、
短い区間でまとまっているので、
もっと滝目的で行っても良い谷でした。

滋賀県の滝を少し知れました。

翌日は千尋谷です。

スポンサードリンク