大杉谷と七ツ釜滝

大杉谷の滝
—【三重県 多気郡 大台町 大杉】—

コメント

大杉谷登山道は
2004年に水害で通行止めとなり、
2010年までの6年間、
七ツ釜滝に行けませんでした。

スポンサードリンク

2014年4月に崩壊箇所の修復が完了し、
大台ケ原と宮川ダムが繋がりましたが、
僕が訪れた2013年当時は
三重県側からしか行けませんでした。

滝の記録 〜日本三大渓谷の一角〜

訪問日 2013年5月18日
活動の形態:ハイキングの延長線上
感動度(千尋):かなり

①日本三大渓谷

大杉谷は新潟の清津渓谷、
富山の黒部渓谷と並ぶ

日本三大渓谷の1つです。

現在は一部の区間が
通行止めとなっていますが、

100選の七ツ釜滝までは行くことができます。

発電所の手前は車が多いと思ったので、
500m手前の第一乗船所のところで駐車しました。

宮川第三発電所の隣を通って出発します。

②死亡事故多発のルート

大杉谷は近年まで
毎年死者が出でいる危険ルートです。

登山届を書いて出発しました。

結論としてですが、
以下のようなことが言えます。

大杉谷における、
死の危険とは基本的に
・崖から転落すること
・岩場で転倒すること
の2つが大きいです。

今までいろんなコースを通ってきたため、
特別難しいと感じる所はなかったんですが、

これがもうすこし前までの自分だったら、
ちょっと苦労したかもしれません。

自信がないかたは、
慎重に進むにつきます。

③序盤

ルートは長いですが、
一本道でとにかく進みます。

京良谷出合付近
滑落事故が多いようなので注意が必要です。

④中盤 千尋滝→シシ淵

最初の大きな滝である千尋滝までは、
わりと時間がかかります。

千尋滝】〜大杉谷最大160m〜

とてつもなく大きな滝です。

落差160は今までで最大でした。

ちょっと水量が少なかったですが、
これが通過点とは、恐るべき大杉谷。

千尋滝〜シシ淵間は長く感じます。
耐える時間です。

【シシ淵 & ニコニコ滝〜大杉谷の休憩地点〜

シシ淵はごろごろの岩が転がってる中、
綺麗な緑のプールになっていて、
その奥にニコニコ滝が見えます。

(上の写真は帰り時)

ここで5分休憩しました。

ニコニコ滝は
落差50〜60mくらいの立派な滝です。

シシ淵からもう少し進むと
登山道沿いに目の前から見えます。

⑤終盤 平等嵓→不動谷出合い

平等という、
超巨大な岩の岬みたいなものを横に見ながら、

つり橋を渡る場所を過ぎると、
岩場ゾーンがあります。

ここはルートが
少しわかりにくいですが、

岩に赤いペンキを
ぬってもらっているので、
それがヒントです。

とにかくここも長いので、
ひたすら耐えて歩きます。

⑥桃の木小屋

こんな大秘境になんと
宿泊施設があります。

素泊まり5000円だそうです。

僕は日帰りなので使わなかったですが、
長いコースなので、

ゆっくり行きたい場合は
泊まるのをおススメします。

そして、
ゴールの七ツ釜滝まではあと690m。

⑦七ツ釜滝へ

ラストスパートも
危険個所があるので気を抜かずに進みます。

690mを無事進み終わると、
ついに七ツ釜滝が見えます。

七ツ釜滝 (日本の滝100選)】

七ツ釜滝は全景は見えず、

水量もやや物足りなかったですが、
この大渓谷、大杉谷の本流にかかる滝だけあって、

納得の大きさです。

滝の前には座るスペースも十分なので、
存分に滝を見ながら休憩できます。

段瀑としての
一つ一つの規模感が立派
でした。

達成感に満ち足りながら、
おにぎりをほうばりました

コースタイム

コースは通常は4〜5時間かかると言われてます。

以下はいちようタイムですが、
けっこう早めのペースだったので、
それぞれ2倍程度、
時間に余裕を見た方がいいかもしれません。

7:06 発電所
7:22 地獄谷(?)吊り橋
7:39 京良谷出合い
7:50 日浦杉吊橋
8:02 千尋滝
8:27 シシ淵 (5分休憩)
8:44 平等
8:56 賀茂助吊橋
9:02 不動谷出合い
9:04 桃の木小屋
9:18 七ツ釜滝
9:45 七ツ釜出発
11:52 宮川発電所

アクセス

Step1 宮川第三発電所を目指す
Step2 とにかく安全に注意して進む

スポンサードリンク


滝色へ戻る