大岳沢大滝

大岳沢の大滝
—【東京都 西多摩郡 檜原村 大嶽】—

訪問日 2013年1月26日
活動の形態:ハイキングの延長線上(冬)
感動度:まあまあ~けっこう

滝の記録 〜見応えよしのはね滝!〜

①雪道に阻まれて

金剛の滝を見学した後、
大岳沢大滝を目指しました。

東京の山を甘く見ていて、
タイヤが雪道装備でなかったため、

大岳鍾乳洞の入り口の
凍結した場所で、車が動かなくなりました。

しかし、
氷の上に枯葉をまいたりして、(笑)
なんとか巻き返しできました。

滝までは車道を900m、
山道に入りさらに300m行きますが、

ここからは歩いて行きました。

②滑りやすい道を

上の写真のような道を900m進む途中に、
小滝橋というところで滝が落ちています。

その先の林道入口は下の写真の感じです。

ここからはけっこう凍っていて、
冬場はすべりやすいです。

300m進むと大滝に着きます。

③大岳沢の、大滝

この滝はたんに大滝とも呼ばれますが、

他の「大滝」との区別のために、
沢の名前をつけて、
大岳沢大滝と呼ぶことにします。

滝前には橋があり、
通常はここから見るようですが、

そこは滝サーということで、

岩を足場に川を渡り、
急斜面をよじ登って
滝壺にやってきました。

④東京の、「はね滝」

結論から言って、
この日みた滝の中で一番良かったです。

落差は2段で20mはあり、なかなかに立派!

滝壺が釜のようになっていて、
その形が良い
です。

全国でも珍しい、
途中で水がはねる動きをする、

はね滝」という種類の滝になります。

滝を独占し、楽しめました。

⑤その後

この後駐車場に戻り、
無事に車を動かして、

三頭山の都民の森の中にある、
三頭大滝を目指しました。

アクセス


ナビで大岳鍾乳洞を設定。
冬場はスタッドレスタイヤ必要。

スポンサードリンク