清涼谷風景区の滝

清涼谷(ちんりゃんぐ)
—【北京市 密雲県-四和堂】—

スポンサードリンク

(写真は景山公園からの故宮)

コメント

北京最後の活動です。
シリーズを締めくくります。

滝の記録

訪問日 2012年6月22日
活動の形態:ハイキング/バス+タクシー
感動度:あまり...

①締めくくり

帰国の2日前です。
シリーズを通して少しは北京での動き方も
伝わった!ということにして

同じような個所は省略します。

②みーゆんに始まり、みーゆんに終わる

北京の滝めぐりは
そういう結果になりました。
(黒竜潭)

今回は密雲県市街地から
バスに乗ろうと思ってたんですが、
バスはその日朝と夜に1本ずつ下しか
運行してませんでした。

そんな状況の中、
同じく清涼谷風景区に行く学生(?)達とともに、
相乗りのタクシーに乗ることになりました。

と、その前に、
密雲県の市街地で食べたロバ肉です。

秦皇島市で始めて食べたロバ肉ですが、
それをパンで挟んで食べるこの料理は絶品でした。

③清涼谷風景区

見ての通り観光地です。
ウォータースライダーがあります。

これは通り過ぎていくと……

迎仙瀑

北京の滝の中では
最大規模の段瀑で、
落差は70Mと言われています。
かなり迫力がありました。

左が中盤までの流れ、
右がその上の部分です。
右側は【流杯潭】と言います。
日本で言えば○○淵みたいなイメージです。

凄い滝ですがペットボトルが大量に、
投げ捨てられていたのが残念でした。

④急変する水量

迎仙瀑のすぐ上の【喜仙瀑】です。

これも北京の中ではいい滝です。

さらにその上の【三潭畳潟】

ここまでは水が流れていますが、
この滝の上の部分で水がせき止められており、

人がたくさん来る下流部の
エリアのみちゃんと水が流れています。

ゴミはこんな感じです。

⑤樂仙瀑

最後の滝も岩が濡れている程度でした。

北京の深刻な水不足状況や
観光地のごみ問題、入口の巨瀑、、

そうした要素が絡まった
何とも言えない風景区でした。

⑥再見

この後は歩いて近くの
別の滝に行こうとしましたが、

明らかに歩ける距離ではなくタイムアウト

滝に行くかは限りなく不明ですが、
また必ず北京の地を踏みに行きます。
それまでに空気の状態が
良くなってることを願います!

というわけで、
あまり滝そのものに関してはパッとしなかった
北京の滝シリーズですが、

整理してみることで、
いろいろ再発見できることもあり、
また中国の滝めぐりのフィールドを切り開く
第一歩となったかもしれません。

アクセス

Step1 密雲県市街地へ
Step2 相乗りのタクシーを探す
Step3 道を進む