仙人沢の滝

仙人沢左俣大滝
—【宮城県 柴田郡 川崎町 今宿】—

スポンサードリンク

滝の記録

訪問日 2013年10月18日
活動の形態:中級滝巡り / レンタカー
感動度(F2):けっこう

①山形中心遠征

秋の中東北遠征として、
山形を中心に、宮城と秋田の南、
さらに新潟の北を含めた遠征を行いました。

山形駅で車を借りて、
7月にガスで見えなかった三階の滝にいくべく、
宮城方面へ峠を越えていきます。

②ちょっと探索

仙人沢は山形と宮城の間の笹谷峠
のあたりに位置していて、

移動中にたまたま
看板を発見したので寄ってみました。

山道を経て、
そのままルートが沢沿いになります。

③美しき、F2

今回は沢靴はなく、
予備のマリンシューズも面倒なので

軽登山靴のまま、行ってきました。

登山道からぶつかって二つ目の滝、
F2が美しかったです。

④落差ある、無名滝

そのまま進むと、右の岸に
落差40m前後の大きな滝がありました。

角度的にあんまり、
全体像が見えないのが残念でしたが、

落差はある滝でした。無名の滝です。

これは仙人大滝ではないなと思って、
さらに沢を登りました。

⑤分岐→右→左

そのまま登ると
分岐がやってきます。

まったく案内がないので、
どっちに仙人大滝があるのか不明でした。

そこで、
カンに従って右俣に進みました。

しかし、水流を突破する箇所があって、
軽登山靴での突破はやや困難で、

左俣かなと思って引き返します。

⑥仙人沢左俣大滝

左俣を進むと...
大きな滝がありました!!

僕はこれが仙人大滝だ。
と思っていたのですが、
どうやら違って、逆側の右俣にあるようです。

間違えたのは残念ですが、
この左俣の大滝はすくなくとも35mはありました。

真下からは上段が見えなくなりますが、
その大きさと空間にけっこう感動しました。

下段の落差は5m。

⑦次回への課題

頑張って上段に行きたかったのですが、

高巻きはまず無理でした。

滝真横の直登は正面からは厳しく、
奥側に行くためには、
深さ1mある滝壺を泳がなければなりません。

全てをこの滝に賭ける意気込み
岩壁登攀の技術と装備・泳ぐ装備と勇気

いずれも持ち合わせていなかったので、
撤退しました。

ちょうど、仙人大滝も見逃したので、
次回までに実力をつけて、
上段滝壺に行きたいところです。

下は再び、F2

釜が透き通っていて、最高です。

この後は、三階の滝へ向かいました。

アクセス

Step1 山形市と川崎町をつなぐ笠谷峠へ
Step2 看板地点からアプローチ開始


滝色へ戻る