震動の滝

震動の滝 (雌滝・雄滝)
—【大分県 玖珠郡 九重町 田野】—

スポンサードリンク

滝の記録 〜南の双瀑〜

訪問日 2013年9月19日
活動の形態:お手軽 / レンタカー
感動度:かなり

①震動の滝、概要

震動の滝は、
二本の巨大な滝が同時に落ちており、
それぞれ80m以上という勇壮な滝です。

2006年に大きな吊橋が出来て、
そこから同時に二本眺められるようになったのですが、

一方、その観光地化の流れで、
滝に近づく道は固く閉ざされるようになりました。

②吊橋の概要

500円を払って吊橋方面に進みます。

九重“夢”大吊橋

工事期間:2004年5月~2006年10月
費用:20億円
長さ:390m
高さ:173m→歩道専用として日本一の高さ
幅:1.5m
標高:777m
大人(65kg)が1800人乗っても崩れない構造。
(公式ホームページより:九重"夢"大吊橋)

③滝の風景

二つの滝を同時に見れますが、
僕のカメラでは同時に
二つを捉えられなかったです。

ほとんど方が滝目当てではなく、
吊橋目当てのようでした。

向かって左側に見える、
雌滝(めだき)には虹がかかっていました。

④雄滝展望台

その後、雄滝の展望台に行って
雄滝をより近い位置から眺めました。

遠くからでも、
かなり良い滝だと確信できました。

⑤まとめ

この事業そのものは、
すでに900万人の来場を迎え、
地域活性化の中で成功したのではないでしょうか。

震動の滝そのものも、
多くの人に簡単に眺められるようになりました。

とはいえ...
滝屋としては、そこに隠された真実に、
もやもやした思いは残ります。

九重町の龍門の滝に行きました。

アクセス

車の場合:
Step1 九重"夢"吊橋へ
Step2 吊橋通行料500円
Step3 雄滝展望台まで進行可

バスの場合:
Step1 豊後中村駅へ
Step2 バスで大吊橋中村口へ(22分 590円)

スポンサードリンク


滝色へ戻る