新茅の沢の滝

スポンサードリンク


新茅の沢の滝
—【神奈川県 秦野市 戸川】—

滝の記録 ~垂瀑の沢で滝見~

訪問日 2018年3月25日
活動の形態:中級滝巡り+α (2人) / 車
装備:8mm×20m, 沢タビ
感動度:まあまあ〜けっこう(F5)

①3年半ぶり

表丹沢の水無川流域は、
「沢登り」を始めた頃、
2014年の秋に水無川本谷
に行って以来の再訪問。

当時も「新茅の沢」は林道から眺めて、
滝を一本見たことを記憶していたが、
本谷の水量からも、
この沢への好印象はなかった。

今回はあっきーさんと、
シーズン初となる活動で、
撮影も張り切るべくミラーレスを持参。

②林道とF1

前回は大倉のバス停から、
風の吊り橋を渡り、
ひたすらの林道徒歩だったが、
今回は途中の広い駐車スペースまで車で移動。

しばらくの徒歩で、
新茅の沢の橋に至り、
下流側から急傾斜を沢に降りて進む。

橋から見える3m滝

左側が簡単に登れる。

そして6mのF1

今回から導入したαの
超広角レンズは、近いところからでも、
横の9×16幅で滝の全景が収められることが多い。

直登は流芯すぐ左の凹角だが、
フリーではまだ怖い感じ。

結局右の落ち葉斜面からの
高巻きで越える。

③F2を越えて

F2単体はもっと大きく8m。

さらにそのすぐ上には
F3(5m滝)とF4(4m滝)が連続にかかり、
3段17mの滝として捉えることが可能。

沢登りとしては、
F2は登ってなんぼの滝です。

今回は右岸巻きを選択。

これは大巻きになって、
一部渋く、よくないルートでした。

沢に降りる直前に、
2.5m滝を見下ろし、
対岸支流にも6m滝を確認。

④新茅の沢の大滝

10mの滝です。

水量がそれなりにあったこともあり、
滝前が開けている事もあり、
なかなかの存在感を放つ滝でした。

今までのビデオカメラの静止画よりも、
やはり、シャッター音も違うし、
切り取られていく瞬間
にハマりました笑

ほぼ垂直の10m滝ですが、
恐らく、理想とするグレードに到達するには、
このクラスの滝は、ストレスも緊張感もなく、
登れなければいけない滝なんだと、
多分そうなんだと思います。

スポンサードリンク


⑤F3とF4

今回この沢はここにて引き返し。

F4は左岸上からロープ出して前へ。

下流を向いて、
右から伝って、F3の前に。

くの字の流れです。

F2の落ち口から下の眺め

大ノ山沢
圧巻ゴルジュには劣りますが、
こちらはこちらで良い景色でした。

あとは撮影しながら下り、
入渓点の橋へ。

この後は戸沢に向かいます。

スポンサードリンク


滝色へ戻る