岩屋谷雄滝

白川又川岩屋谷雄滝
—【奈良県 吉野郡 上北山村 白川】—

スポンサードリンク

コメント

素晴らしい滝と素晴らしい関係性で、
必ずしも会えるとは限りません。

開発が進みすぎた観光滝、
人間の技術では接近できない滝、
滝壺まで行くと上段が見えなくなる段瀑
などなど。

岩屋谷雄滝・・・
この滝はそうした点にひっかからない、
日本頂点の滝の1本です。


経由した小峠山の位置↓↓

滝の記録

訪問日 2014年6月6日
活動の形態:上級滝巡り(単独)/レンタカー
装備:軽登山靴・7mm30m
感動度:異次元&悪魔的

①岩屋谷に挑むか

今回の遠征は天気が悪く、
ずっとぐずついていて、
常に行先は天気を見つつ決定してました。

そんな中三日目。
実は行こうとさえ思ったらいけるぐらいの
準備はしていた(つもりの)岩屋谷雄滝。

予報は9時から12時ごろまで小雨
あとは曇りでした。

沢沿いのアプローチなら増水して
危険性は高いですが、
基本的に山道のアプローチ。
多少の雨なら何とかなるだろうと判断。

あと最終日の四日目は
大阪に9時に帰らないといけないので
時間的にリスクが高すぎるので無理。

ということで朝4時50分に
ヘルメット雨具を装備し、
水尻のバス停を出発しました。

②アプローチルート

山ルートと沢ルートがあるのですが、
沢ルートは難易度が凄く高いです。
(時間的にも日帰りは無理なようです。)

一方の山ルートは小峠山に登って、
頂上から尾根沿いにつながる、
中峰・西峰を経た後下降地点に到着。

そこから壮絶な下降によって
滝壺を目指します。
下流にある雌滝も同時に目指します。

結論として、
【泳ぎ要素】と【クライミング要素】を除いた
滝めぐりの中で最難関クラスにあたります。
(僕の指標だと1級上)

ポイントは3点

①急傾斜かつ長いルートに対応できる体力
②不明瞭なルートを切り開く
ルートファインディング
③急斜面の登り降り・一部厳しめのトラバース

安易に行くと死ぬ可能性があります。

(近年より楽に到達できる、
第3のルートが開拓されたとのことです。)

③出発

こんな暗い道を進んでいきます。
とにかく急傾斜の登りです。

帰りの下りが不安になります。

途中から雨が強くなり始めます。

④時系列

5時28分:675M地点に到着。
6時ごろ:雨が強くなってうずくまって耐える
6時40分:小峠山山頂

7時35分ごろ:下降地点到達

という感じでした。

木の根の張り方が凄かったです。

しかし、おそらく中峰
と思われる場所の後、
道を外れてしまい、

尾根を横に見ながら移動していたら、
西峰を通らずに下降地点ぽい
赤テープの印がある地点にたどり着きました

ここが下降地点かは
確信が持てなかったのですが、

降りていって滝の音が聞こえ始め、
ちょっと姿が見えた+
GPSがそれらしい場所にいることを
示してくれたので確信しました。

雨には苦戦しましたが、
スタートから約3時間での下降地点到達です。
(この景色は途中の所です。)

⑤雌滝へ

まずは雌滝を目指します。
下っていくと赤テープが続き、
これは雄滝への道と判断。

下に向かって右側に移動していくと、
かなりの急傾斜のルンゼに出合います。
(右側に移動して2つ目だったと思います。)

雌滝へはこの悪絶ルンゼを下ります
途中フリーではきわどい個所も
いくつかあります。

なんとかかんとか下っていき、
雌滝を見下ろせる地点にたどり着きます。
かなり急傾斜もクリアし、もう滝は近い。

⑥ぐだぐだ

しかし………
最後の崖から安全に
降りれる地点が見つかりません。

一カ所だけ3〜4Mの崖があり、
ロープを出せば降りれるところがありました。

でもしかし、

・近くの支点がちょっと脆弱
・壁は垂直で濡れており降りれた後、
ロープが垂れてても足が滑って登れない気がする

・雨の強さが増し、
ロープワークを行う気力が失せる
↓↓↓
・もっと楽に降りれる地点を探そう
↓↓↓
・雌滝手前にそんなルンゼを発見。よし。

しかし近づけども近づけども、
逆に上へ巻いてしまったようでたどり着けない

雨は増し、虫はたかり、
体力気力はつきて、
さっきの地点でロープワークを行う気力0に。

と、いうようなぐだぐだな流れで、
雌滝の直下に行くことはあきらめました。

(もっとはっきり
見えてる地点もあったんですが、
結果的に写真に残ってたのはコレでした)

実力不足でした。

その後、
雌滝の近くの崖エリアから
脱出するのも迷い、
そうとう無駄な体力を使いました。

⑦雄滝へ

何とか戻って雄滝へ。
傾斜自体は先ほどより楽ですが、
かなりきわどいトラバースもあって、
道中は滑落の危険が多々あります。

道も分かりにくいです。
そんな中いよいよ滝に近づいて行きます。

⑧感無量!

時刻は10時30分。
雌滝上での圧倒的な時間ロスが
あったこともあり、
5時間40分かかりました。過去最長です。

そして目の前には……

いや、凄すぎました

スケール感は北精進ヶ滝とほぼ互角。
一段の滝として日本頂点のスケールです。

それでありながら流れは優しく静か。
訪れたものを優しく迎えてくれます。

運がいいことに
滝壺に着いたときは、
雨は上がっていました。

右岸から見た時の
滝壺の描く弧線が美しすぎます。

本当に来てよかった。
そんな滝の一つになりました。

しかし体は雨で冷えてしまって、
なかなか苦しい状態で、40分ほどで
滝を後にすることになりました。

⑨迷う

必死にルートを見出して、
下降地点の尾根まで這い上がりました。

あとは尾根沿いに戻るだけ、
そう思ってました。

僕は今回中峰(おそらく)の後、
尾根道を外れ、西峰を通らず、
下降地点を訪れました。

なので帰りのルートはあくまで
予想ということになります。

ただGPSとしてみていた、
マピオンの線は小峠山の頂上に伸びており、
まあ、このままいけば大丈夫だと思いました。

しかし、尾根を伝っていくと、
20分くらいで通れない地点が来て
GPSを見ると稜線よりも
はるか南側に自分がいます。

なぜ??

一回元の位置に戻り
もう一度丁寧に尾根をたどっても
再び同じ結果に。。

3時間以上帰路にかかる地点で
帰りの方向が分からなければ遭難
です。

次第に足の踏ん張る力が失せていき、
かなり危険な形で滑落したりしました。

必死に生きる道を考えました。

⑩答え

可能性は2つ。
・GPSが狂っているのか
・何か他に決定的な思いちがいをしているのか

そのとき、携帯で見れるようにしておいた
森本さんのサイトのルートを見てみました。

するとなんと下降地点近くの尾根は
東に向かうと次第に南にのびていっています。

マピオンの地図の線が
尾根と一致しているという痛恨のカン違い

によって、

東に行ってるつもりが、
途中から微妙にカーブして、
何度も南に行ってしまっていた
のです。

その後頑張って
正しい所に戻ろうとしますが、
当然道はありません。

⑪命の小川

その途中、
南にのびる尾根の東の谷に
水が流れていました

ここでなくなりそうだった
水を補給かつ食糧を食べ元気を取り戻します。

この命の小川に助けられて、
なんとか正しい尾根に戻り、西峰に到達

その後は多少迷いつつも、
一歩一歩足を進ませ、
凄く時間はかかりましたが、
帰ってくることができました。
(時刻は午後4時55分です。)

最高の滝の凄さ、
アプローチの厳しさ、
雨天時の大変さ、
生きることへの執着心、
様々なものを体感し、
少しだけ強くなった気がします。

そんな岩屋谷に感謝して
上北山温泉に向かいました。

(翌日は蜻蛉の滝です。)

⑫まとめ

第三の新ルートが開拓された今、
このルートを使う人はもういない
かもしれませんが、

ポイントとしては、
必ず「地形図」を持っていくこと。
雌滝に行きたいなら
懸垂下降をできるように

しておくことになります。

ただ、滝めぐりの
クラシックルートとして、
今後もその存在だけは
残っていってほしいものです。

ちなみに...
命の小川で助かりましたが、
あの水を飲んでから若干
体調が悪くなりました。。。

コースタイム

4:50ごろ:出発
5:28:675M地点
6:40:小峠山山頂
7:35:下降地点
8:20:雌滝上の崖
9:10:雄滝遠望
10:25:雄滝滝壺
11:05:出発
<<凄く迷う>>
13:45:命の小川
14:39:西峰到達
14:54:小峠山山頂
16:20:675M地点
16:55:駐車スペース

アクセス

Step1 水尻バス停へ
Step2 小峠山登山道を進む
Step3 中峰西峰を越え下降地点へ
Step4 壮絶な下降の末滝壺へ
(雄滝のみを目指した場合片道約4〜5.5時間)


滝色へ戻る