清江九龍潭

清江九龍潭と一線天
—【北京市 房山区 四渡】—

スポンサードリンク

コメント

北京の滝シリーズ 第4弾です!

北京で滝と言えば、
十渡(しぃーどぅ)。多くの中国人が語る
十渡の滝を目指していってきましたが、
見事に空振り。詳しくは後述します。

滝の記録

訪問日 2012年6月16日
活動の形態:ハイキング+α/バス+タクシー
感動度:あまり...

①十渡と四渡

帰国直前の北京滝めぐり。
この日は友達と一緒に
南西部の滝を目指しました。

【十渡】にはとある地点を指す場合と、
地域の風景区全体をさす場合があり、

調べてみると、実際に滝があるのは
四渡(すーどぅ)の地域だ
ということが分かりました。

渡って言うのは、
橋のことを表していて、

川沿いに下流から一渡・二渡…という
名称の地域が続いていくのですが、
それぞれの主要な所に
橋があるということです。

②南西部へ

まずは市街地の
天橋】という場所に行きます。
この天橋は固有名詞ですが、

中国語の天橋(てぃえんちぁお)は
一般名詞で歩道橋という意味です。

この天橋は天壇公園の西です。

ここから長距離のバスに乗ります。
かなりの長距離バスです。
途中で北京原人の化石が出た周口店があります。

注意
四渡までのバスは北京836路であり
ルートの途中の
【広安門内】や【六里橋東】のほうが、
滞在の場所から近いこともあると思います。

そこからも乗れるんですが、
そこからだとすでに席がない可能性も高く、
長時間立ちっぱなしということもあるので、

やはりスタート地点の
天橋汽車バス停からがおススメです。

③なぜかバスは終わる

しかし、
四渡までバスは行ってくれず、
少し手前で終わってしまったので下車しました。

そこでタクシーを見つけて
四渡に向かいます。

タクシー運転手からは衝撃のことばが。

「没有水.(水、ないぞ。)」

「えっ??」

とりあえず四渡の
主要地点まで送ってもらいました。

④清江九龍潭

という場所にやってきました。

チケット売り場のおばさんも水がない
と言うばかりでとりあえず中に入ってみました。

結婚式用の写真撮影
などを行っているカップルや
馬に乗っている子供などがいました。

そういう場所の様です。

水はたまっています。
さて滝はどこにあったのか??

左側になんか削られた跡が見えます。
ここに滝が落ちていたのでしょうか??

(今の僕の見解では
この清江九龍潭内には
そもそもなかったと思います。
なぜなら滝があったらたいてい、
赤字で彫り込みが入るからです。
ちょっと近くにあった可能性が高いと思います。)

⑤丘を登ろう

せっかく来たのに何も成果なく
帰るのはもったいないので、
エリア内のちょっと名所っぽい
丘に行ってみることにしました。

一線天】という場所です。

ここはけっこう急な岩場などの上り坂で
30分くらい頑張って登って行きました。

途中振り返った景色です。

⑥ここは名所です

結婚式用にウェディングドレスを着て、
自然豊かな背景の写真
撮りにきてる人などがメインだったため、

この場所に来てるのは
この時間僕らだけでした。

しかし、ここからは
反対側の町の様子も見える
】のような場所であり、

めちゃくちゃ絶景だと思います。

⑦滝を発見!!

ここで友達が反対の町に滝を発見!

わかるでしょうか??
真ん中の白い部分です。
遠望でも確認できたので落差はかなりありそう。

ただこれは
どうやら人工の滝みたいです。

人工の滝と場所が不明な1つの滝、
合わせて1本京郊第一瀑布を見た、
ということにしています。

絶景を堪能しました。

⑧その後

急な坂を下りていって、
お疲れ様でしたの昼飯です。

中国のご飯は1つ1つおいしかったです。

バスが来るまで時間もあることで、
手前の三渡まで歩きながら
この地域の自然風景を堪能しました。

このように涸れ滝かつ所在地不明
+あるのは人工滝ですので、
滝的にはまったくおススメできません!

ただ、一線天はいい場所でした。

第5弾は濂泉響谷です。

アクセス

Step1 天壇西の天橋へ
Step2 北京836路で四渡へ
Step3 途中で止まったらそこからタクシー