惣滝

惣滝
【新潟県 妙高市 関山】

スポンサードリンク

コメント

新潟の名瀑です。

滝からの猛烈な、
風圧と水圧を味わえた直下でした。

晴天の時に再訪したいです。

滝の記録

訪問日 2013年8月7日
活動の形態:ハイキング+α / レンタ
感動度:かなり~限りなく

①妙高へ

米子大瀑布の後、
新潟の惣滝に訪れました。
(約70km 80分ほどの道のり)

妙高山のふもとの燕温泉が、
アプローチの拠点となります。

②道のり

途中2つの滝を見ながら、
丘を越えるコースになってます。

③遠望地点

この場所を越えると
惣滝がしっかり見えてきます。

道は途中でなくなっているので、
滝壺へは斜面を降りて沢を登っていきます。

崖には固定の鎖があり、
沢の水量も普通だったので、

無事滝前に行くことができました。

④ストームの直下

滝前は暴風雨が吹き荒れていました。

真下まで行って、滝に向い、
いっぱいにしぶきを浴びてきました。

滝前にて惣滝と対峙しているときは、

ストームと自分の精神力との闘いでした。

一部水が濁っていたり、

あまりにも激しい水しぶきに
「汚い」「危険」などと、
好みの滝ではなかった人もいました。

この後は、富山県の称名滝です。

アクセス

Step1 燕温泉へ
Step2 徒歩30分で遠望地
Step3 川に降りて滝前まで進む