曽木の滝

曽木の滝
—【鹿児島県 伊佐市 曽木】—

スポンサードリンク

滝の記録 〜変わる名景〜

訪問日 2013年9月21日
活動の形態:お手軽 / レンタカー
感動度:けっこう~かなり

①3日目最後

九州3日目最後に
丸尾の滝の後にここを訪れました。
(記事としては龍門滝の続き。)

運転に50分近くかかり
駐車場には6時以降に到達したので、
すでに暗くなり始めていました。

そこから飛ぶように滝に急ぎます。

②日本離れ

曽木の滝は歴史の過程でダムとして
利用されることになったので、

一部が人工的な形になっています。

しかし、その幅広のスケールは、
明らかに日本離れしていて、
これには感動しました。

幅広の滝としての格は
以下のようである気がします。

イグアス>>ビクトリア>ナイアガラ
>>>>>>曽木>原尻関之尾吹割乙字ヶ滝

③景観問題

滝のすぐ上流に見える橋(曽木大橋)が
景観を阻害するとして、
下流に新しい橋ができました(2011)。

↑↑曽木発電所を作った、
野口遵(したがう)の年表が載っていました。

電気化学工業の父」であるらしく、
積水ハウスや旭化成の、
実質的な創業者
だということは、
滝を通じて得た知識です。

現時点ではまだ
上流の橋は撤去されていませんでした。

平成百景の24位に選ばれています。

日没までの十数分、
曽木の滝と対峙しました。

④熊本へ

翌日の鹿目の滝に備え、
熊本県の人吉市に移動。

ここで地元の銭湯を利用しました。

堤温泉人吉温泉元湯
のどちらかだったと思いますが、
かなり地元感が満載で、

軽いカルチャーショックを受けることになります。

アクセス

Step1 伊佐市曽木を目指す
Step2 広い駐車場に停めて滝へ

近くに鉄道の駅はなく車推奨です。


滝色へ戻る