砂川大滝

砂川大滝
—【群馬県 沼田市 利根町 砂川】—

スポンサードリンク

利根町の砂川地区↓↓

滝の記録 〜赤城川の滝〜

訪問日 2012年10月27日
活動の形態:中級滝巡り / レンタカー
感動度:まあまあ~けっこう

①初の沢靴

砂川大滝は赤城川にかかる
一番大きな滝と言われ、
一般的にはあまり知られていません。

沢沿いを歩くということで、
初めて沢靴(沢シューズ)を持っていきました。

②滝へのアプローチ その1

アクセスはアプローチ地点までが
やや難しいです。

春爛漫さんのHPを参考にしました。
(リンク集)

群馬県道251号線と、
県道62号線のそれぞれの真ん中付近から
繋がる道の中に手掛かりがあります。

忠切うどん」という青い看板を見つけたら、
その近くで道路の反対側に
車で入っていける道があります。

そこを進んでいくと、
右手に小屋が見えます。

滝は小屋を越えて沢に降り、
そこから15〜20分ほど沢を登るとあります。

③滝へのアプローチ その2

訪れたのが、10月後半で、
それほど水量も多くなかったためか、
ぎりぎりぬれずに行くことも可能でした。

それほど難所もなく、
20分で滝壺へ到着しました。

④砂川

他の人がいなかったので滝壺に入って
滝を満喫できました

沢靴を装備していたことで、
冷たさに負けず、滝壺で遊べました。

砂川という名前だけあって、
滝壺の仲は砂でいっぱいで、

踏むとずずっと沈んでいくのが楽しかったです!

落差は18mくらい。
水量もまあまあで
岩のごつごつ感がいい滝でした。

この後引き返して、
吹割の滝を目指しました。


滝色へ戻る