棚下不動の滝

棚下不動の滝 (雄滝)
—【群馬県 渋川市 赤城町 棚下】—

コメント

100選の一本で、
裏見スペースの広さに定評があります。

震災で遊歩道に落ちた岩が大きすぎて、
撤去は困難を極めるようです。

赤城町棚下地域の位置↓

滝の記録

訪問日 2013年6月1日
活動の形態:お手軽(現在は×)
感動度:けっこう

①棚下不動滝へ

棚下不動滝は
東日本大震災で崩落を起こし、

一般の道が通行禁止になっていて、
行くことができません。

しかし、
自治体に問い合わせたところ

沢を登っていく分には、
あまりお勧めはできないものの、
行くことはできるとの回答を得ました。

なので、三条の滝の後、
沢装備をして様子を見に行くことにしました。

注意:沢沿いも危険です。
市の見解が変わることもあり得ます。

さらに沢沿いにせよ、
滝壺自体、接近・長居はご遠慮ください
というニュアンスの看板もありました。
以上を踏まえ、全て自己責任でお願いします。

②沢沿いに

車を止めて徒歩で3分ほど、
車両通行止めの道を上がると、
神社系の建物とともに、
滝の一部が見えます。

道はやはり巨岩で埋め尽くされています。

沢に降りる階段があり、
そこから登っていきます。

最終的に、
水の勢いが激しいところを横切って

普通の道の最終部分に
合流する形で滝に行きます。

③オリジナリティ

棚下不動滝は見事な裏見滝です。

裏側にあいた空洞のスペースが
通常の裏見滝よりはるかに大きい
です。

滝壺周辺には神社系建物などありますが、
基本的に厳かな雰囲気になっています。

また水が2か所から飛び出すことから、
横ではなく、
縦方向に滝の流れが広がり
とてもユニークな形になってます。

落差は28mくらいだと思います。

15分ほどで帰路に着きました。

④切符

この時はお金を切り詰めていたため、
行きも帰りも全て下道運転でしたが、
渋川市の国道を運転中に、
とある交通違反をしてしまい、

人生初の違反切符を切られる
痛い経験をすることになります。

反省し、以後
この違反は一度もやっていません。

アクセス

Step1 渋川市赤城町棚下へ
Step2 現在通行不可
駐車場の傾斜が強く底を擦らないよう注意

スポンサードリンク


滝色へ戻る