火打沢大滝

火打沢の滝
—【神奈川県 上足柄郡 山北町 山市場】—

スポンサードリンク

コメント

里が近い山の中に
この険しい谷があります。

事前とのイメージギャップや実力不足、
沢始めとしてのミスチョイスもあり、

大滝を見た後で撤退しました。

沢の厳しさに打ちひしがれましたが、
素晴らしい滝がありました。

↓ボウズクリの滝と同じく近くの拠点の位置

滝の記録

訪問日 2014年3月9日
活動の形態:中級滝巡り / 電車
感動度(大滝):けっこう

①里近き沢

ボウズクリの滝の後に来ました。

青い橋を渡った後、
左側にいってぶつかる川が火打沢(ひいちさわ)です。

この上から入渓しました。

②まさかの堰提越え

こんな感じです。

ルート図にはない堰提があって、
左の急斜面から巻きましたが、
不安定で危険がありました。

③F1滝広場

堰提を超えると滝が見えてきます。

F1(その沢で下流から1こめの滝)
の上にもはるか高く滝が見えます。

ここは、左からも2筋の滝がおち、
滝広場】を形成しています。
(ブログ イガイガの丹沢放浪記さん参照)

まず、
この渓谷のスケール感が想定外でした。

もっと幅の狭い暗い谷
だと思っていたんですが、、、

とにかく右から巻いていきます。

④F2を経て大滝へ

足場の悪い巻きが続きます。

【巻き】は要するに、
滝を越えていくためにサイドの斜面を
弧を描くように登っていくことです。

するとすぐ上のF2が見えてきます。

なかなかに存在があり、立派な風景。

さらに進むとF2と
その下のF1が同時に見れます。

そして大滝です。

3段30mの大きさ。

有名な渓谷の主要な観光スポット
としてありそうな滝
がそこにはありました。

昇仙峡の仙娥滝みたいなイメージです。
水量はぜんぜん少ないですが。

この滝自体けっこうよかったんですが、
連なり方的にF1からここまで一つの滝
とみなすこともでき、
(例えば不動七重の滝
一つの滝と認識されているように)

これらを一体でとらえた際には
かなり良い滝だと思えました。

里近くにこんな滝がという
ギャップと恐怖感ある急傾斜の中にいたことで

かなり心動かされる滝となりました。

⑤リタイア

この後肉体・精神的限界を感じ、撤退を決意。

大滝を高く巻きすぎて、
その後のゴルジュ帯まで降りていくのが
精神的にきつすぎました。

さっきの堰提を巻いて戻るのは不可能

だと思い、右サイドのどこかにあるはずの
不老山登山道にぶち当たろうと
必死に登りつづけました。

けっこう大変でしたが、
結果的に登山道に出ることができ、

(この奥側の道にたどり着いてここへ)

登山道を30分くらい下って、
元の場所へ戻れました。

結果的にいい滝も見れたんですが、
悔しさも残る沢となりました。

次はサークルで伊豆に行きます。

アクセス

Step1 山北町山市場へ
Step2 橋を渡って左へ
Step3 滝を目指す

スポンサードリンク


滝色へ戻る