豊英大滝

大戸場滝
—【千葉県 君津市 豊英】—

スポンサードリンク

滝の記録

訪問日 2014年8月2日
活動の形態:お手軽
感動度:あまり...(見てるだけでは)

①房総半島へ

当日の朝に房総半島行きを決定。
休日で渋滞に巻き込まれたこともあって、
最初の豊英大滝に到着したのはほぼ12時前後。

1本も滝を見れずに、
午前中が終わってしまいました。

3年半ぶりの房総半島でした。
(養老渓谷の滝)

②とよふさ

豊英でとよふさと読みます。
清和県民の森内にあって、
知名度は地味に高いです。

階段を下りて行く中、
歓声と叫び声が聞こえてきます。

③滝滑り

滝は水遊びのフィールドとなっていて、
下段は天然の滑り台があり、
上段では滝壺への飛び込みが行われます。

水量は少なめ。
2落差は段10mで幅は20mです。

上段滝壺は、
子供が飛び降りても問題のない
適度な広さと深さがありました。

この滝を楽しみたいなら、
単に見に行くだけではなく、
滑ったほうがいい
と感じました。

ちなみに一般の滝めぐりの方は
長靴かマリンシューズを、
装備したほうがいいです。

この後は、坊滝へ向かいました。

アクセス ~車推奨~

Step1 君津市の清和県民の森へ
Step2 滝の付近まで車を進める
Step3 遊歩道をたどって滝へ

電車×バスは適していません。