蔦の淵

蔦の淵
—【愛知県 北設楽郡 東栄町 本郷】—

スポンサードリンク

コメント

滝壺からと観瀑台から見れます。

下流からの道があることを知らず、
観瀑台の対岸から藪こぎ
&滝の下降で滝壺へ至りました。

日本4位と言われる
滝の幅に対峙してきました

滝の記録

訪問日 2014年3月21日
活動の形態:お手軽/レンタカー
感動度:けっこう

①温泉の隣

百間滝の続きです。

東栄温泉の横から観瀑台に行けます。

②観瀑台から

普通に大きくて感動しました。

なんとかあの滝壺に行って、
正面からみたいと思い、
模索してみることに。

右岸の上流に降り立てば、
滝に向かって左側から降りられると判断し、
対岸へ移動します。

③ヤブこぎ

対岸はヤブ(?)が大量に生えていて、
それを越えていきました。(沢装備)

滝の下降は思った通り簡単でした。
下は横サイドからの写真です。

④正面から

やはり正面からの風景は良かったです。

同じような滝としては
原尻の滝のほうが
1段階スケールが上ですが、

こちらはこちらで広い滝壺があり、
沢靴であちこち歩いて楽しめました

この川を構成する
固い岩がわりとタイプでした。

……

ただ、この後、
下流で看板を発見し、

こんなことをしなくても、
下流からの遡上で
滝壺に行くことができたことを知りました。

煮え淵を経て、
ボンクラ沢に向かいました。

アクセス

Step1 東栄温泉へ
Step2 観瀑台へ
Step3 対岸下流に看板あり