雲竜瀑

雲竜瀑
—【栃木県 日光市 日光】—

スポンサードリンク

コメント

日光にある巨大な滝です。
今回のような氷瀑が有名です。

様々な位置から眺めることができ、
圧倒的な迫力を堪能できました。

滝の記録

訪問日 2014年1月12日
活動の形態:中~上級滝巡り(冬)/車
感動度:限りなく

①オフ会

しばらく滝に行ってなかったので、
オフ会の企画に便乗させていただきました。
(御来光の滝以来の滝です。)

この1ヶ月近く、
卒論の執筆に集中していました。

車は埼玉でサモハンさんに、
拾って頂き、アイゼンは
たっくんさんからお借りしました。

今までにない装備をしつつ、

−4〜-7度の渓谷にむけ歩き始めました。

林道はひたすら長いので省略します。

②渓谷へ降りる

雲竜渓谷を指し示す板があるところで
軽アイゼンからアイゼンに変更しました。

ここからは渓谷に降りていきます。

すぐに見えるのが下の
【友知らず】と呼ばれるつららです。

雪道を進んでいきます。

③全景を仰ぐ

豪快なつららは
青空とのコントラストが絶妙でした。

ここから雲竜瀑の全景を仰ぐことができます。

氷瀑の最盛期までにはまだ時間があり、
たしかにちょっと細い感じがしました。

日があたるとともに
つららの落下が始まり出したので
移動していきます。

④メインスポットへ

最下段の滝を右から巻いて行きます。
そうすると。。。

ず、だーーん。

という感じで今まで見えていなかった
もこもこした部分が見えてきました。

下から見上げます。

しばらく直下で楽しんだのち、
高めの場所に移動して
メインスポットを俯瞰しました。

この構図が一番かっこよかったです。

雲竜瀑は僕がいままで見た氷瀑の中で
断トツで凄い滝でした。

感動度としては
普通の装備で訪れた田立の
天河滝・霧ヶ滝が強いですが、

氷瀑の王様はこの滝ではないかと思います。

⑤まとめ

氷瀑としての成長度合いは
最高の状態に比べるとまだまだみたいですが、

十分な迫力を感じることができ、
かつこの日最初のグループとして到着したので
長い時間氷の宮殿を独占できました。

最盛期だったらもっと雪も人も多く
いろいろ大変だったと思います。

最高レベルの氷瀑・装備・
美しさ・技術、そうした様々な要素。

雲竜瀑の訪問によって、
そうした新しい世界に
足を踏み入れることができました。

引き返して白糸の滝を見た後、
足尾地域の深沢大滝を見に行きました。

アクセス

Step1 雲竜瀑までのゲートへ
Step2 ゲートから歩く(2〜3時間)
Step3 途中渓谷に降りて40分程度


滝色へ戻る