雨竜の滝

中津渓谷 雨竜の滝
—【高知県 吾川郡 仁淀川町 名野川】—

スポンサードリンク

滝の記録

訪問日 2013年11月19日
活動の形態:お手軽 / レンタカー
感動度:かなり~限りなく

①2日目

見たい滝はけっこう
県の西北部に偏っていて

順々に見ていきました。

長沢の滝の続きです。

②中津渓谷

中津渓谷にやってきました。

ここもなかなかスケールの大きな渓谷で、
きれいに磨かれた岩が豪快で、
その色も特徴的でした。


こんな場所を歩いていくと
滝にたどり着きます。

③雨竜の滝

滝までは15分程度です。

強烈です!

吹きだしてきます。

そして、この色!
紫がかっています。

チャートという
放散虫や海綿動物の殻や骨が
海底に堆積してできた岩石のようです。

柵の外側に階段がついていて、
それをたどって、
滝の近くまで降りてみました。

滝の真下までつながる階段は
写真のように破損していました。

この滝は嵐の後は、
正面にも太い流れができるようなので、
その積み重ねで壊れてしまったのでしょう。

④異様な世界

階段は半ば放置状態で
最近はこの地に
足を踏み入れる人も多くないようで、

異様な紫色
吹きだす滝に包まれます。

あんまり安全な場所ではなく、
その適度な恐怖感が、
いっそう心を動かしました。

今回の遠征No.2に感動した滝です。
(階段は自己責任でお願いします。)

この後は、大樽の滝に行きました。

アクセス

Step1 仁淀川町の中津渓谷へ
Step2 雨竜の滝まで15〜20分程度

ここも電車の駅は遠いです。