野門沢布引滝

野門沢の布引滝
—【栃木県 日光市 野門】—

スポンサードリンク

コメント

今ではレポートも多く、
比較的気軽に行くことができる
ようになった日光の秘瀑です。

素晴らしい環境であり、
やり残したこともいくつかあるので、
また訪れたいです。

滝の記録

訪問日 2014年8月30日
活動の形態:中~上級滝巡り
感動度:限りなく

①4号で北へ

今年訪れたいと思っていた滝の1つ。
それが野門沢の布引滝でした。

このルートの一般化は
おそらく森本さんの記録が大きいと思います。
(布引滝)

僕の中で「ものすごく好き」
という滝が少ない段瀑ですが、

ここは眺めることだけではなく、
間近で楽しむこともできる数少ない段瀑
として期待していました。

難易度は人それぞれですが、
それなりに困難
というレベルでした。

②林道歩き

龍王峡の駐車場で目覚め、
栗山村地域に向かいます。

蛇王の滝の撮影を終え、
野門沢の林道を進むんでいくと、
すぐに一般車両通行禁止の看板が。

監視カメラもついてるそうで、
通常のゲート前までもいけず、
ここからてくてく歩き始めました。

ただでさえ長い林道が
1.4倍くらいの長さになり、
たぶん80〜90分位かかりました。

③遊歩道

遊歩道に入り進んでいくと、
未舗装を走るバイクに初めて遭遇しました。

この道に特に難所はなく、
小さな小川を渡ったり、
立派な休憩所があったりと
楽しみながら進めました。

④沢に降りて

野門沢に降り立つと、
突如道が消滅しますがそれは勉強済みです。

左岸沿いに進んでいくと前衛滝が見えてきます。

ここから前衛滝を巻けばいいわけですが、
ちょっとてこずりました。

というのも、
巻きを始める開始地点がどこなのか
少しわかりにくかったからです。

全てのルートが明瞭なのも、
つまらないと思いますのであれですが、
意外と前衛滝に近いポイントにロープがありました。

巻き自体は特に問題はなかったです。
前衛滝が予想以上に立派で軽く感動しました。

⑤絶妙な空間

たどり着いた布引滝は雲がかっていました。
上段が見えづらい。

下段の30M直瀑が、
それ単体でも美しい姿で滝壺も綺麗
でした。

それに加えて上を向けば、
1段目と2段目が悠々と落下しています。

正直ドストライクの滝とは違っていました。
しかし、そういう一個人の
趣味趣向を越えたレベルでズドン
と、
パワーを感じられる、そんな凄い滝でした。

思っていたよりは小さな場所だったですが、
それがまた良かったです。

デジカメでとった、
それなりにいい構図の写真はすべて消滅
してしまいましたが、
記憶から消えることはないです。

逆に写真が消えてしまったことで、
一つ一つの動きや時間に
価値が生まれたような気もします。

帰りの林道はくねくねしていたので、
ところどころでショートカットしました。
行き190分。滞在80分。帰り130分。

アクセス

Step1 日光市旧栗山村へ
Step2 川俣ダム方面+看板で左折
Step3 車をとめて林道歩き
Step4 遊歩道+沢沿い+高巻きで滝壺


滝色へ戻る