湯瀬大滝

湯瀬大滝
—【秋田県 鹿角市 湯瀬】—

コメント

現地の温泉での
「写真」から訪れてみた、
米代川本流の「」です。

スポンサードリンク

滝の記録 〜旅の記録〜

訪問日 2013年6月23日
活動の形態:お手軽 /レンタカー
感動度:あまり...

①温泉地湯瀬へ

遠征2日目の行程を終え、
道の駅かづのへ向かう中で
湯瀬の温泉に行きました。
(湯瀬ふれあいセンター)

200円の公共浴場だったのですが、
そこの1階で湯瀬地域の歴史を説明する
展示のようなものがありました。

そこに「大滝」という説明とともに
水辺で遊ぶ少年たちの白黒写真がありました。

受付の方に聞いたところ
まだあるとのことだったので、
入浴後向かいました。

②徒歩4分

浴場から徒歩4分で発見し、
川に降りました。

③史上最小落差の「大滝」

米代川の本流にかかる
落差が1mほどの急流地帯
のようなところで、

どこの川にもこういう場所は
たくさんあると思います。

ただ、「滝」というのは
絶対的な基準で持って、推し量るものではなく、

それぞれの地域の人の歴史的な感性や
その捉え方で決定されるものだと思います。

僕は突然これを見ても、
滝とは思わないですが、

名付けた湯瀬の人達にとっては、
「滝」だったんでしょう。

翌日は茶釜の滝です。

アクセス

Step1 JR花輪線湯瀬温泉駅へ
Step2 米代川へ向けて歩く
Step3 米代川右岸沿いの道から河川を見て発見

スポンサードリンク


滝色へ戻る